座薬による便秘の効果とは?

便秘をすぐに改善するなら座薬が一番?

便秘の薬に座薬があります。
皆さんも一度は耳にしたことがあると思いますが、実際に使ったことがある方はどれくらいいるのでしょうか?座薬は、直接肛門に注入する薬なので、抵抗がある方が多いと思います。

でも、頑固な便秘やなかなか改善できない便秘には、やはり座薬が効果的です。とはいえ、本当に座薬は便秘解消の効果があるのでしょうか?

座薬は期待できるのか?

結論からいいますと、個人差があります。

また、座薬が効いてくるのは処方後30分程度。長くても1時間以内には効果が出てきます。なかにはすぐに便意を催す方もいますが、薬が効いてくるまでにある程度時間がかかるため、注入してすぐに便秘が解消されるということはありません。

さらに、座薬はあくまで『便意を催す』薬。腸内環境を整え、根本的に便秘を解消するものではありませんので気をつけましょう。

座薬の成分は炭酸水素ナトリウム

座薬の成分は、家庭でも使われている炭酸水素ナトリウム。

炭酸水素ナトリウムは、いわゆる『重曹』のことで、家の掃除をするときに使ったことがある方も多いと思います。でも、その重曹を肛門に注入するのって、少し抵抗があります。もちろん、一般的に売られている重曹で座薬代わりにすることはできませんので、間違っても使わないようにしてください。

炭酸水素ナトリウムが化学変化を起こすことで二酸化炭素を発生させ、腸を刺激します。腸の蠕動運動が活発になるため、便秘が解消されるというわけなのです。

座薬の正しい選び方を知ろう

ひと口に座薬といってもさまざまで、市販のものもあれば病院が処方してくれるものもあります。

できればきちんと病院で診察受け、正しい座薬を処方してもらうのが一番ですが、市販の座薬でも対処することは可能です。もっとも有名な座薬といえば、『コーラック』です。昔からある座薬なので、知っている方も多いのではないでしょうか。座薬タイプは、1回1本を直腸内に注入します。

ただし効果がない場合は、もう1本注入してもOK。ただ副作用が強い薬ですので、取り扱いには十分気をつけたいところです。
他にも、『新レシカルボン』や『ツージーQ』『ベンツナール座薬』などが有名です。

座薬以外で便秘を改善することができる?

できれば座薬は使いたくないという方も少なくないと思います。

そんな方には、ビオフェルミンやサプリメントなどがオススメです。なかでも安心して摂取できるのが、『カイテキオリゴ』という粉末のオリゴ糖です。ほんのり甘みがあり、ヨーグルトやごはんを炊くときに混ぜても違和感がありません。子供でも摂取できるので安心です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る