残便感が起こるのは便秘?残便感が起こる意外な原因とは?

毎日出ていても残便感があると便秘ってほんと?

残便感というのは排便したにも関わらず、まだ便が残っているように感じることです。この感覚があると便秘である場合があります。残便感を感じる原因にはいろいろなものがあります。

残便感を感じる原因は2種類ある

残便感を感じていたとしても本当に便が残っている場合とそうでない場合があります。その原因は大きく分けて2種類あります。まずは肛門に本当に便が残っていることで起こる残便感の原因は、腹筋などの筋肉が低下していることで便を出し切れない、姿勢が悪く前かがみで、いきみ過ぎているために出ない、または過敏性腸症候群、ポリープや痔などがあります。
本当は便が残っていないのに残便感がある原因は直腸に炎症が起こっている、または神経過敏、神経障害などによって便が残っていると誤認するなどがあります。

残便感の原因は便の状態でわかる

便秘によって残便感が起こっている場合の便は硬便と言ってうさぎのフンのようにコロコロした便であることが多いです。このような便になってしまうのは水分不足、不溶性食物繊維の摂りすぎです。食物繊維には水溶性と不溶性があり、不溶性のものを摂りすぎると便の水分が吸収されてしまうので固くなってしまいます。不溶性の食物繊維が多く含まれるものにごぼう、イモ類、タケノコ、菜の花などがあります。便が固くなってしまった場合はヨーグルトやラッキョウ、ハチミツなどを摂りましょう。

残便感が起こる意外な原因!?

残便感が起こる意外な原因の一つに洋式トイレが日本人に合っていないことが挙げられます。実は日本人の直腸の形は欧米人とは違います。欧米人は便器に座ったとき、直腸がまっすぐになるのですが日本人の場合は便器に座った時、直腸が曲がってしまい、便が出ずらくなるのです。ですので日本人の場合は便器の座り方に工夫が必要です。それは足元に台を置いて、膝が曲がるようにすることです。膝を曲げることで直腸がまっすぐになり、出やすくなります。

便秘を治す方法

便秘を治す方法の1つにサプリメントが挙げられます。便秘を治すには食生活の改善が効果的ですがやはり多少時間がかかってしまいます。ですがサプリメントでしたら一度にたくさんの便秘に効果的な成分を摂取することが出来るので効果が早く感じられます。またサプリメントは便秘薬のように依存性がすくないのも魅力的ですよね。
便秘は早めに治すに越したことはありませんのでこのような方法も良いでしょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る