幼児の便秘解消方法とは

幼児が便秘になってしまった時にどうする?

親だけでなく、子供が便秘になってしまった時には、苦しそうで可哀想になってしまうという方も多いでしょう。自分が便秘の時も辛いですが、子供の時もなんとか便秘を解消させてあげたいという思いを持つかもしれません。大人が便秘を解消するためには、便秘薬を使用したり、場合によっては浣腸を使ったりしますが、幼児の場合はどうしたら良いのでしょうか?

正しい生活習慣を身につけて子供の便秘は解消していきましょう

食生活の見直しから始めてみましょう

幼児が便秘になりやすいなら、まずは毎日の食事の見直しから始めてみましょう。便の質を変えるために、白米に押し麦を2~4割程度、混ぜてあげるのがとても効果的です。押し麦を入れることによって、少し味が変わってしまうので、子供が食べてくれるか不安と思う方もいるかもしれませんが、そこまで味が変わるわけではないので、抵抗なく受け入れてもらうことができるはずです。押し麦には少量でも食物繊維が豊富に含まれているので、便秘改善に役立ちます。また朝食はできるだけパンよりご飯が良いでしょう。そしてご飯に納豆をかければ、腸内の健康にも繋がるので、おすすめです。さらにヨーグルトに果物を混ぜたり、食べられるならプルーンを与えるのも良い方法です。また食物繊維が豊富なさつまいもを積極的に食べたり、水分を十分に摂ることも大切です。

運動も適度に取り入れましょう

大人の場合、運動というとつま先立ちや、腹筋などが便秘を解消されるために有効的なのですが、子供の場合は外で思いっきり、元気に遊ぶだけでも違います。運動不足になると、どうしても腸の蠕動運動が低下して、便秘になりやすくなります。体を動かさないと、食事もおいしく食べられなくなりますし、寝つきも悪くなって、睡眠不足となり、生活リズムも乱れやすくなります。したがって、毎日の生活習慣を正しく見直すということが、子供の便秘に対してはとても大切なことでしょう。運動をすることによって、ストレスも発散させることができるので、便秘になりにくい体を作ることができます。できるだけ毎日決まった時間に排便ができるように、大人がリズムを作ってあげることも大切です。私も息子が小さい時はできるだけ便秘にならないように、そのようなことを意識しながら少し工夫をしていました。子供が苦しまないように、親である大人が食事と運動など生活習慣について、見直すことから始めましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

子どもの便秘解消法の関連記事

ページ上部へ戻る