便秘解消に役立つヨーグルトの1日の摂取目安量って?

ヨーグルトは適量食べるようにしましょう

腸内環境を整えて、便秘を解消させてくれる代表的な食べ物がヨーグルトでしょう。
最近では乳酸菌やビフィズス菌が豊富に配合されているヨーグルトも、多々販売されているので、そのようなものを日常的に食べて、便秘解消に役立たせている方も多いでしょう。

ただ、あなたは1日どの程度の量のヨーグルトを食べていますか?小さなカップ1個分や、大きなカップ半分程度が良いと思われますが、具体的にどの程度の量が便秘解消に効果的なのでしょうか?

摂取目安量と効果がない場合について

便秘解消に効果的なヨーグルトの量って?

ヨーグルトを毎日摂取することによって、便秘を解消させるために効果的な1日の摂取目安量は最低で100gとなっています。
そうなると、3個や4個セットになっている、小さなヨーグルトの場合、1個あたり100g以下となるので、やや足りないことになります。ヨーグルトはいくら食べても、副作用というものはありません。

もちろん、加糖のヨーグルトなどは食べ過ぎると太ってしまうということがありますが、無糖のヨーグルトは100g以上、例えば200gや300g程度食べても問題はありません。もし便秘がなかなか解消されずに困っているなら、1日に200g程度食べるのも良いでしょう。ただ、腸が弱い方の場合、一度に沢山のヨーグルトを食べると、お腹が冷えて逆に緩くなってしまうことがあるので、そのような場合にはホットヨーグルトにするのもおすすめです。腸内環境を整え、健康のためにヨーグルトを食べる際には、1日100gを目安に食べてみましょう。

1日の摂取目安量を守っても効果がなし?

毎日100gのヨーグルトを食べているのに、全く効果がないという方がいます。
これは、そのヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌があなたの体質に合っていないということがあります。そのヨーグルトによって、自分の体質に合う場合と、合わない場合があります。最低でも1ヶ月程度、同じヨーグルトを食べてみて、自分に合っているのか否かを判断するようにしましょう。もし効果がないなら、違う種類のヨーグルトに変えてみるのが良いでしょう。またヨーグルト以外にも乳酸菌が含まれている食品があります。

例えば、納豆やキムチ、味噌などにも含まれていて、便秘を解消させたい方の場合、これらの食品を多々、摂取するかもしれませんが、乳酸菌の1日の摂取目安量は200gとなっているので、是非覚えておきましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る