子供の野菜嫌いは便秘を招くのを知っていますか?

子供の便秘の原因は野菜嫌いにあり?

便秘になるのは、何も大人だけではありません。

子供でも便秘に悩まされている子はおり、特に近年は食事が欧米化したことで、ひと昔前よりも便秘になる子供が増えているといわれています。要するに『野菜不足』や『野菜嫌い』が、子供の便秘を招いているというわけです。

野菜が不足していると、腸内環境が悪くなりお腹の中にどんどん老廃物が溜まります。野菜には、ミネラルやビタミン類、食物繊維などが豊富に含まれており、排便を促す効果があります。しかし、野菜嫌いはこれらの栄養素が不足しています。

そのため、便が詰まる・便が硬くなるといった便秘になってしまうのでしょう。

子供の便秘を治すには野菜が一番

野菜だけですぐに便秘が解消されるわけではありませんが、『野菜嫌い』で便秘になっているのであれば、野菜を摂ることで便秘解消が期待できるのは事実です。

とはいえ、野菜嫌いの子供に野菜を食べなさいと促しても、あまり効果はありません。嫌いだから食べないのですから。では、どうすれば野菜嫌いの子供に野菜を摂らせることができるのでしょうか?

お菓子にして食べさせる

にんじんケーキやほうれん草のクッキーなど、野菜を使ってお菓子にすることで、食事では摂れなかった野菜を食べさせることができます。生の野菜に比べると効果は半減しますが、野菜嫌いにはオススメの食べさせ方です。子供であれば特に、この方法が効果的です。

にんじんケーキとほうれん草クッキーの作り方

にんじんケーキの作り方は、卵・砂糖(三温糖)・サラダ油・すりおろしたにんじん・薄力粉・ベーキングパウダー・シナモンで15cmデコ型のケーキが作れます。マフィン型でカップケーキにしてもOKですよ。

ほうれん草クッキーは、ほうれん草・小麦粉・砂糖・卵・バターで作ることができます。ほうれん草はミキサーにかけ、ペースト状にしておきましょう。生地と混ぜ合わせ、焼成したら完成です。グリーンが綺麗なクッキーに仕上がります。

生活習慣で気をつけたいこと

なかには、『野菜を食べているのに』便秘という子供います。
この場合、ストレスや不規則な生活などが関係しているでしょう。近年は運動不足の子供も増えているといいますから、家にこもらず積極的に外に出て遊ぶことも便秘解消に繋がります。また、幼児期以降であれば、朝起きてコップ1杯の白湯を飲むのもオススメです。腸が活性化します。もちろん、朝食は必ず摂るようにしましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

子どもの便秘解消法の関連記事

ページ上部へ戻る