運動不足は弛緩性便秘を引き起こす

弛緩性便秘の原因は運動不足

弛緩性便秘とは

「弛緩性便秘」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。弛緩性便秘とは、便秘の中でも最も多くの割合で引き起こされてしまう便秘のタイプです。腸の動きが鈍くなってしまうことによって引き起こされる便秘のことをいいます。腸は筋肉の動きによって、排泄物を運ぶ動きをしています。そのため、腸の筋肉の動きが弱まってしまうと、排泄物を運ぶことができなくなってしまい、からだの外へ排出することができなくなってしまいます。

運動不足によって筋力が低下し便秘になってしまう

運動不足になることによって引き起こされることといえば、からだ全体の筋力の低下です。例えば、けがをしたり体調を崩したりして、からだを動かさない時期があると、筋力の衰えを感じたことがあるいう方もいるのではないでしょうか。それからも分かるように、からだの筋力というのは運動をしないでいると、すぐに低下してしまいます。

排せつをするとき、これはごく自然に起こる減少なので、無意識に行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、腹筋を使って行います。腹筋を使って腹圧を高めることによって、腸の運動を刺激し、排泄物が腸から肛門へと運ばれます。そのため、からだ全体の筋力が低下し、腹筋の力が弱まってしまうと、腸を刺激することができずに便秘になってしまいます。

運動不足によって精神や神経のバランスを崩して便秘になってしまう

運動をするということは、単純にからだの筋肉を鍛えるだけでなく、たまったストレスを発散することができます。たまったストレスを上手く発散できないでいると、自律神経を乱す原因となってしまいます。自律神経が乱れると、腸の動きを司っている副交感神経が正常にはたらかなくなってしまい、腸が正常に動いてくれなくなってしまいます。ストレスがたまると、胃腸系に影響が出てしまうのは、そのためです。したがって、運動不足を解消するということは、からだの健康を保つためにも、心の健康を保つためにも、とても重要なことであるといえます。

運動不足を解消するためには

では、運動不足を解消するために、どのような運動を始めるとよいのでしょうか。運動不足であるからといって、激しい運動をたくさんすればよいわけではありません。また、突然激しい運動を始めてしまうと、からだもビックリしてしまいます。そのため、できるだけ軽い運動を持続的に行うことが大切です。一番軽い運動は、ウォーキングです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る