つわり中には便秘になりやすい

つわり中には便秘になりやすい

妊娠初期には多くの人がつわりを経験します。

つわりは、母体を安静にすることによって赤ちゃんが少しでも健康に育つ環境を作るための症状なので、妊娠初期には必要な症状でもあります。しかし、つわりがひどい場合には、食欲がなくなって何も食べたくなくなるなど、栄養バランスが偏って便秘になりやすい体内環境になってしまうことも少なくありません。

妊娠は、トイレで便秘解消のために力むことは通常であれば気にしすぎる事もないのですが、切迫流産など妊娠の継続が危ぶまれる場合には、できるだけお腹に力を入れずにスッキリすることが必要です。妊娠初期にはサプリメントの摂取なども抵抗があったり、出なくてもあまり気にしない人が多いのですが、実はつわり中こそ、食べたらスッキリすることが大切なのです。

食事は栄養バランスを考える余裕があれば理想的

体調がすぐれない場合には、食べられるものを食べるようにしましょう。そして、腸内が乾燥して便秘がひどくならないように、できるだけ温かいスープや白湯など、水分補給を心がけるようにしてください。

無理に体を動かす必要はありませんが、横になっている時にはお腹のあたりを軽くマッサージしたり、うつ伏せになってゴロゴロしてみるなど、腸を無理なく刺激してあげることも便秘解消効果が期待できます。便秘解消のために、プルーンなど鉄分を多く含むフルーツを食べるのも効果的です。ぜひお試しください!

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る