トイレでできる!便秘解消の姿勢とは

排便をしやすいトイレでの姿勢とは

トイレの姿勢と便秘が関係している

「トイレに行って排せつをするとき、どんな姿勢で行っている?」なんて話題を口にする方はいらっしゃるでしょうか。多くの方は、自分がトイレの個室で排せつを行うときに、どのような姿勢をしているかを他人に教えることはないですし、他人がどうやって行っているかを聞きもしないと思います。しかし、実はトイレでの姿勢が便秘と関係していることをご存知でしょうか。

排せつを行うときに、スムーズに排便を行うために最も適した姿勢は、和式トイレでの姿勢であるといわれています。これは、肛門と直腸の関係によるもので、お腹に力を入れずに排便をすることができるのが、いわゆる「うんこ座り」というものです。したがって、近年の日本では便秘になる方が急増しているといわれているのですが、これは洋式トイレが一般的になってきたということが理由としてあげられます。

洋式トイレでとるべき姿勢

では、洋式トイレではどのような姿勢をとれば排便をスムーズにすることができるのでしょうか。背筋を伸ばして、便器に座ると良いという場合もありますが、一般的には便器に腰を掛けて状態を前かがみにする姿勢が最も排便をしやすい姿勢であるといわれています。何かに例えるなら、ロダンの「考える人」のポーズです。これは、人間のからだというものは、重力におされたとしても、容易に便が出てしまわないように、腸と肛門が直角につながっているからです。そのため、背筋を伸ばせば伸ばすほど、排便はしにくくなるようになっています。

具体的な排便をしやすい姿勢としては、まず便器に座って前かがみになります。そうすると、老廃物が肛門まで降りてきやすくなります。中々便意がこないという場合には、かかとを軽くあげてみましょう。それでも便意がこないという場合には、足元に踏み台をおいてそこに足を置き、体育座りのような姿勢で便意を待ちましょう。

いきむ時間

いくら排便のスムーズできる姿勢をとったとしてもまったくいきまずに排せつをするというのは、少し難しいと思います。なので、排便のスムーズにできる姿勢をとったうえで、いきむことによって、よりスムーズな排便を促します。しかし、お腹に力を入れっぱなしにするのは大変つらいので、深呼吸を繰り返しながらいきむようにしましょう。また、いきみすぎると痔になってしまうことがあるので、いきむ時間は3分以内にしておきましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る