消化器内科は便秘以外にも胃腸、消化器の病気を治療する診療科

JU020_350A

便秘の診療科のひとつに消化器内科があります。

消化器内科で便秘は治せる消化器内科は便秘以外にも胃腸、消化器の病気を治療する診療科です。

消化器内科の標榜は胃腸内科、内科とある程度重複する部分もあります。内科との重複部分は少ないのですが胃腸内科とは重複する部分が多いです。
消化器内科も胃腸内科も胃腸の病気を取り扱っているという点で同じだからです。

ただし、標榜の上では胃腸内科よりも消化器内科の方が診療する病気の範囲が広いです。胃腸内科では胃腸の病気のみとされていますが消化器内科では胃腸の病気の他に膵臓の病気なども診療の範囲内に入っているからです。

消化器内科という言葉の他に消化器外科、消化器科という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。

benpi001便秘の治療が出来るのは消化器内科と消化器科で、消化器外科は手術を主に行う、外科の診療科ですので便秘で治療を受けるための最初の受診先としてはおすすめしません。基本的には消化器内科をはじめとした内科を受診するべきでしょう。

化器科には消化器内科と消化器外科が入っているのが普通で、消化器の病気を総合的に治療するのが消化器科です。消化器内科で治療をしていて手術が必要になれば消化器外科へ、という連携を消化器科では最初から行えるのです。

ご存知の通り、便秘について言えば内科関連の病気ですので症候性便秘でない限りは手術の可能性は極めて低いです。

消化器内科での便秘の治療について

消化器内科での便秘治療について消化器内科で便秘の治療をするときには症候性便秘なのか習慣性便秘なのかで違いが出ます。

症候性便秘というのは大腸や小腸、胆嚢などの病気が原因で便秘が起きている状態です。消化器内科で症候性便秘の治療をする時は胆嚢や小腸の病気の治療を中心に行います。

一方で習慣性便秘の場合は消化器内科でも胃腸内科でも内科でも大体治療方法は同じです。習慣性便秘は本人の日常生活の習慣から便秘になっているということで日常習慣の改善がなければ便秘の解消は難しいです。

そのため、どの診療科でも日常生活の指導をしつつ下剤などの薬剤でも治療というのが一般的です。

消化器内科は胃腸、消化器に関しては専門的な診療科ですが便秘に関しては専門的とまでは言えません。

専門性から言うなら消化器内科、胃腸内科、内科で大体同じといっても良いです。便秘に特化している、便秘の専門というのであればやはり便秘外来が最も詳しいです。

便秘外来で行われる検査は便秘という一点のみであれば胃腸内科や消化器内科よりも詳しいことが多く、生活指導の内容もほかの診療科に比べると詳しいという声もあります。

習慣性便秘の疑いが強く、便秘に関する専門治療をとにかく受けてみたいというのであれば予約制ではありますが便秘の専門外来や便秘科の受診をお勧めします。便秘がちょっと気になるな、という程度なら内科、胃腸内科、消化器内科などの受診をおすすめします。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る