スイマグは水に溶かして飲むタイプの便秘薬

JH057_350A

便秘薬というと刺激を与えて無理に便を出す、いわゆる下剤が想像されがちですがそういった薬ばかりではありません。
弛緩性便秘の方は下剤でもOKな人が多いですが痙攣性便秘の症状の場合は下剤は絶対にNGです。
下剤によって無理やり腸が動くことでますます腹痛が起きたり、無理に便を出すので下痢になったりもします。

痙攣性便秘がひどい場合は市販の薬ではなく恥ずかしがらずに病院に行って医師に相談して処方された薬を飲んだ方が良いです。

痙攣性便秘とまではいかないものの下剤だと刺激が強すぎるという方にお勧めしたいのがスイマグという薬です。

スイマグは水に溶かして飲むタイプの便秘薬で、その効能は体の水分を腸に集めることにある

体全体の水分を腸に集めることで、腸内の水分を増やして便を柔らかくします。
ある程度便が柔らかくなれば力をかけると便が出やすくなるので便秘解消というわけです。
この『体の水分を腸に集める』という働きをしているのが水酸化マグネシウムです。
スイマグには1ml中に99.9㎎もの水酸化マグネシウムが入っており、水酸化マグネシウムでできた薬といっても過言ではないくらいなのです。

なお、腸内に水を集めることで胃酸を抑えられるので胃酸過多、胸焼けがひどい、暴飲暴食で胃もたれになったという方にもスイマグはおすすめの薬です。便秘以外にも使えるのは嬉しいですね。

スイマグを飲むときには体の中から水を集めてくるので体の各器官は水不足に陥るということを覚えておきましょう。

そのため、スイマグを飲むときにはもう1杯水を飲んだ方が良いです。
スイマグ自体、水に溶かして飲むタイプの薬ですがそのほかにもう1杯の常温の水を飲んでください。
スイマグの味が気になる、飲んだのどごしが気になるという方はウーロン茶や紅茶などを飲むのもOKです。
とにかく何らかの水分をスイマグを飲むときに摂取することを忘れないでください。

スイマグは毎日必ず飲まなければいけない薬というわけではありません。

そもそも便秘はスイマグだけで解決できるものではないからです。
食生活に気を付けていて今日はお腹の調子もよいという場合はスイマグを飲まなくてもOKですし、色々と注意はしていたけれどなんだか具合が悪いという場合はスイマグを飲む、といったように工夫しながら使っていくことが大切です。
食物繊維の摂取、野菜の十分な摂取、酵素食品の摂取など食事面は特に便秘とは深くかかわっていますので是非その点に気を付けながらスイマグの服用もしてみてください。
その他にストレス管理、運動不足の解消など便秘の解消のためには生活全体の見直しが必要といえます。
いきなり何もかも生活を変えてしまうのは難しいので運動から、食事からといったように自分の出来る範囲で見直しと改善を行ってください。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る