妊娠初期に便秘になりやすい理由と改善法

妊娠初期に便秘になりやすい理由

今まで便秘になったことがないのに、妊娠後はじめて便秘になったという方もいると思います。
妊娠すると、今まで経験したことのない体の不調を訴えるようになり、嬉しさと同時に不安を感じやすい時期です。妊娠で便秘になるのは、主に妊娠初期。個人差はありますが、妊娠したことで体に変化が起こり、便秘になってしまうといわれています。

ホルモン分泌量が変化する

妊娠すると、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌量がグンと増えます。

プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、体内に水分を多く蓄えるために活発になります。プロゲステロンは大腸から多くの水分を体内に吸収するため、大腸の水分が奪われ便秘になってしまいます。さらに、プロゲステロンは子宮の収縮や蠕動運動を低下させます。これにより腸の働きが低下し、便秘になりやすいといわれています。

子宮が変化することでも起こる

妊娠すると、子宮が大きくなるのは知っている方が多いと思います。

徐々に大きくなる子宮は、腸を圧迫し排便が困難になります。先にも述べたように、腸の蠕動運動が低下する原因は、大きくなった子宮も関係しています。そのため、排便が困難になってしまうのでしょう。そのうえ、妊娠すると運動量もグンと減ります。運動量が減ると腹筋も衰えますから、腸の働きが鈍り便秘になってしまうのです。

ストレスも関係している

妊娠初期はつわりや眠気で体が疲れやすく、ストレスを感じやすいといわれています。

『妊娠うつ』になる人もいるくらいですから、いつも以上に疲労やストレスを感じやすくなってしまいます。こういった肉体・精神の不調は、便秘を引き起こす原因になります。赤ちゃんにも良くありませんから、疲れやストレスを溜め込まないようにしましょう。

妊娠初期の便秘を改善する方法

では、どうすれば妊娠初期の便秘を改善することができるのでしょうか。

便秘は頑固なものですから、そのままにしておくと慢性化してしまいます。またお腹の中の赤ちゃんにも悪影響ですから、『便が出ない』と感じたら、すぐに改善法を試してみてください。

水分や食物繊維が効果的

妊娠中は水分が奪われやすくなりますから、積極的に水分を摂るようにしましょう。

朝起きたら、コップ1杯の白湯がオススメ。水よりも腸の動きを活発にしてくれます。喉が渇いていなくても、定期的に飲むことをオススメします。食物繊維は、水溶性が便秘解消に良いといわれていますが、不溶性も必要です。バランス良く2種類の食物繊維を摂るようにしましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

妊娠中で便秘でお悩みの方への関連記事

ページ上部へ戻る