生理中の便秘解消と予防

Photo: D7K_1889.jpg by MOTOKI Plasticboystudio

女性は体質的に便秘になりやすいとされています。

女性が便秘になりやすい理由の1つにホルモンバランスが挙げられますが、ホルモンバランスが大きく変わるのが生理中です。生理前の便秘と生理後の便秘は仕方ないと思っている方も多いかもしれませんが、少しの工夫で便秘を解消することができます。

今まであきらめてしまっていた方も、毎月生理になるからと割り切って考えずに予防して防ぎましょう!

生理中の便秘について

普段は便秘じゃない女性でも、生理中だけは便秘になるという方もいらっしゃいます。生理の前や妊娠初期に便秘になるのは分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が原因です。

生理が終わったら便秘が解消できるし大丈夫!と思っている方も、ある時期から急に便秘が続くようになり、慢性的な便秘になってしまったという例もあります。生理後の便秘は自然に解消するものではありませんので、意識して便秘対策をし、解消できるようにしなくてはなりません。

生理がきっかけで便秘になる原因は?

生理になると便秘になる原因はホルモンバランスが大きく崩れることとお伝えしました。生理前や生理中に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)を意識して対策することで生理前や生理中の便秘を予防することも可能です。

ホルモンバランスの変化に注意しよう!

そもそも整理が訪れるのは、赤ちゃんを妊娠できる状態にするために子宮内で卵胞や卵子などが作られます。毎月定期的に古くなったものを子宮内膜や血液と一緒に排出するのです。そして生理では排卵が起き、排卵を境に分泌されるホルモンのバランスが大きく変化します。

このホルモンバランスの乱れがやっかいで、大腸に蓄えられた水分を吸収してしまいます。本来、蓄えられた水分で便を柔らかくするはずなのに、水分を奪われたことで大腸内の便が硬くなり便が排出されにくくなってきます。

生理による食欲の低下

生理痛によって症状が重い場合は食欲がなくなってしまう場合があります。

食欲がなくなり食事量が減ってしまうことはエネルギーを作ることができないため代謝が下がってしまいます。しかも食べ物を食べないことで大腸が便を促す蠕動運動を起こさなくなってしまいます。

食事をとらなければ便を作られないというわけではなく、すでに腸の中にある便を出すことができないため、便が腸の中に残り続けます。腸の中に便が残り続ければ水分も失われ便が硬くなってしまい、便秘による腹痛も起きるので注意が必要です。

出血による血液不足

生理になると出血をしてしまいます。
出血をすることによって、体内の血液保有量が減少するので、結果的に基礎体温も低下します。

生理中の便秘予防とは

水分を普段より多めにとること

生理になると腸の中にあった水分を吸収されてしまうため、普段より水分を多めにとることで対策することができます。

マッサージによる便秘解消!

お腹をマッサージすることも効果的です。
マッサージをすることによって腸の動きを促進することができるため便秘解消に効果が見込めます。さまざまな便秘解消マッサージがありますが、生理中であればのの字マッサージが良いかもしれません。

生理の影響で身体にどんなことが起きているのかを把握することによって対策を得ることができます。生理前の予防や生理後の予防なども基本的には同じやり方です。多くの場合は水分補給によって便秘解消することができるので、意識して水分補給をするように心がけてください。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る