季節の変わり目は便秘になりやすい!特に夏場は注意

HB021_350A

img039あまり知られていませんが季節の変わり目になると便秘になる人が多く、その中でも特に夏が一番割合が多いとされています。なぜ季節の変わり目である夏は便秘になる人が多いのでしょうか?

夏は季節の中でも体に影響を与える季節とされていて、そのダメージが体に蓄積されてくるからとされています。夏になると気温が暑くて動くのがだるかったりして運動不足になってしまう人もいます。熱中症が怖いからクーラーの効いた室内でおとなしく過ごすという人も多いかと思います。その結果、運動不足になると血行が悪くなり体が冷えてしまいますので便秘になりやすいです。運動をしてないと腹筋などの筋肉が弱くなってしまいます。腹筋が弱まることで便を押し出す力が少なくなって、便秘を引き起こしやすくなるとされています。

心当たりがある人も多いのではないでしょうか?

他にも夏になるとカキ氷やアイスなどの冷え切った食べ物を食べるようになります。適度な量なら問題ありませんが、冷たい食べ物を食べすぎてしまうと体が冷えてしまい代謝が悪くなります。その代謝の低下が便秘を引き起こします。水分補給をするのであれば冷たい食べ物ではなくて、水や食物繊維を含んだ飲み物にしてみてください。夏場は汗をかきやすいのでほかの季節に比べて水分補給を多くとる必要があります。水分不足になれば便が固くなり便秘症状になってしまいます。

特に夏は普段と違った生活になるため気づかないうちに体にダメージを与えています。季節の変わり目になると便秘を引き起こす人は適度な運動と過度の冷たい食べ物の摂取は控えるようにしてください。体を大切にすることで季節の変わり目である夏の終わりに便秘にならなくなります。生活習慣に気を付けることで便秘を予防できるので夏場は特に意識して体調管理に気を付けてください。

体調管理や生活習慣が悪くなると夏バテを引き起こしやすくなります。夏バテになると食欲が低下してしまいます。冷たい食べ物ばかり食べてしまいがちですが、そうなると食物繊維不足による便秘になる可能性が高いです。

頑張って夏場を耐え抜いて、夏の終わりにやっと涼しくなって過ごしやすくなってきたのに「便秘気味」「下痢気味」「おなかがゆるくなってきた」など、体調がすぐれない方も多くいます。夏の終わりは体へのダメージが蓄積されているため、特に注意が必要です。

春になる季節の変わり目も便秘になりやすい!

0-75夏よりも劣りますが春になる季節の変わり目も便秘になりやすいとされています。冬から春にかけての温度差が便秘を引き起こすと言われています。寒い冬から急に温かい春になると体がその変化に対応することができなくなるので自律神経が乱れてしまいます。
温度差だけではなく、環境の変化(入学や入社)などによるストレスが原因でも自律神経は乱れてしまいます。

季節の変わり目でも便秘は予防できる

季節の変わり目は、自然現象なので便秘予防は難しいよう思えますが、やっぱり規則正しい生活をして十分な睡眠と食物繊維を含んだ食生活をすることで予防することができます。環境の変化によるストレスなども運動などをして汗を流すことによってストレス発散も可能ですので、季節の変わり目だから便秘になるとあきらめないで十分な対策をすれば季節の変わり目でも便秘を予防することも可能です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る