便秘解消のために、朝に一杯の白湯を飲んでみる

白湯を飲んで腸に刺激を

朝に飲むのが効果的

沸騰させた水を40度から50度程度にまで冷ましたものが白湯です。この白湯を使えば便秘に効果があると言われていて、非常にお手軽な便秘解消法として知られています。朝に起きたらコップ1杯程度の白湯を時間をかけて飲む、これだけで便秘が改善されるようです。便秘の大きな原因の1つが体の冷えなのですが、白湯には体を温めてくれる働きが期待できます。白湯を飲んで体温そのものが上昇するわけではありませんが、内臓の働きを活発にしてくれるので胃や腸が活発になるでしょう。お通じが起きやすいのはやはり朝なので、白湯を飲むのは朝起きてすぐが効果的とされています。本当はお湯を沸騰させてから10分ほど冷ますのですが、朝にそのような時間を作るのが難しい人もいるでしょう。電子レンジで水を1分30秒ほど温めれば白湯になるので、後はそれをゆっくりと飲むだけです。

はちみつを入れる

白湯だけのシンプルなものがよいか、何かを入れる方がよいかは意見が分かれるところですが、私としては何かを入れた方がよいと思います。白湯は水と違って一気に飲むのが難しいのですが、どうしても味がしないと単調に感じてしまうのは否めません。白湯に入れるものとして定番なのがはちみつで、はちみつ入りの白湯を飲むだけというダイエットもあるほどです。はちみつには便秘など健康状態の改善によい成分も多く含まれているので、ただ飲みやすくしてくれるだけではありません。一方ではちみつはカロリーが高いのでそこが気になる人もいるかもしれませんが、小さじ1杯程度を入れて飲むぐらいなら問題はないでしょう。便秘に最も効果があるのは朝ですが、お昼や夜にはちみつ入りの白湯を飲んでも効果は期待できます。もっとも、専門家の人は白湯は多くても1日4杯程度にしておいた方がよいと発言しているので、飲みすぎには注意が必要です。

オリゴ糖もよい

はちみつ以外に便秘解消によいことで知られているのがオリゴ糖ですが、白湯にこちらを入れるのもよいと思います。オリゴ糖を使う場合も朝に白湯に入れて飲むのがよく、お手軽に便秘を改善できるでしょう。オリゴ糖は製品によって効果がだいぶ違い、中にはオリゴ糖よりも砂糖の方が多く含まれているものも多くあります。そのようなものはカロリーなどが気になりますから、信頼できるものを選ぶのが重要です。他には白湯にレモンを入れる、生姜を入れるなどの方法もあり、白湯自体に味が付いていないので色々アレンジできるのは大きな魅力です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る