便秘の時、さつまいもを効果的に食べる方法って?

さつまいもは便秘解消に逆効果?

さつまいもというと、食物繊維が豊富で、便秘解消に良さそうな食べ物だというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
ただ、それと同時にさつまいもを食べると、なぜか便秘になりやすいという方もいるかもしれません。実はさつまいもは食べ方を間違えてしまうと、便秘解消どころか、便秘を起こしてしまう可能性もあるのです。せっかく便秘解消のためにさつまいもを食べていたのに、それが逆効果にならないために、さつまいもの正しい食べ方について、知っておきましょう。

さつまいもの効果的な食べ方とは

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれているけど・・・

さつまいもが便秘解消に効果的なのは、食物繊維が豊富に含まれているからです。
食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがあるのですが、さつまいもに含まれている食物繊維は不溶性のものです。ただ、少し注意したいのが、この不溶性の食物繊維の場合、それ自体が水分を吸収してしまうので、便の中の水分まで吸収してしまい、便が硬くなってしまう可能性があります。

さつまいもを食べると、なぜか便が硬くなったという経験をしたことがある方もいるでしょう。それはさつまいもに含まれている不溶性食物繊維が、便に必要な水分まで奪ってしまったからなのです。

さつまいもを食べても便秘にならないために

さつまいも自体は食物繊維が含まれているので、便秘中に食べるのは決して悪いことではありません。
ポイントとしては、さつまいもを食べる際に、一緒に水分を少し多めに摂るということです。水分をしっかりと摂取しておけば、さつまいもに含まれる不溶性食物繊維に水分を奪われることもなく、丁度良い便が出やすくなるでしょう。

さつまいもは焼き芋だけでなく、汁物にしたり、煮ものなどにすることもできるので、飽きることなく食べることができると思います。収穫の時期である、秋になると、さつまいもが食べたくなるかもしれせんが、その時には必ずたっぷりの水分と一緒に、おいしく食べてみてください。

さつまいもと一緒に食べて便秘を解消させよう

便秘に効果的なのが食物繊維と、そして乳酸菌です。乳酸菌は様々なものに含まれていますが、代表的なのがヨーグルトでしょう。したがって、便秘気味の時の昼食などは、さつまいも1本とヨーグルトなどにすると、便秘が解消されやすくなるでしょう。もし飲むヨーグルトなどがあるなら、さつまいもと一緒に摂取することによって、水分不足も解消できるのでおすすめです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る