赤ちゃんの便秘解消に役立つ砂糖水って?

赤ちゃんの便秘にはコレを湯冷ましに混ぜてみて

赤ちゃんの便秘に砂糖水が効果的だということを知っていますか?

昔から、赤ちゃんが便秘になってしまった時に、砂糖水を作って飲ませることによって、便秘を解消してきました。実際に試してみると、本当に砂糖水が赤ちゃんの便秘に対して、有効的に働きかけてくれるので、口コミでも人気の方法です。

なぜ砂糖水が赤ちゃんに効くのか、またその作り方について知っておくと便利でしょう。また砂糖水を与える際に少し気を付けるべき点もあるので、それも併せてチェックしておきましょう。

砂糖水の効果、作り方とポイントについて

砂糖水が赤ちゃんの便秘に効果的な理由

砂糖水は浸透率が高いので、お腹の中で水分を吸収する役割を持っています。便はお腹の中で硬くなりやすいのですが、砂糖水を摂取することによって、便が水分を含んで柔らかくなるので、スムーズに排便することができます。

砂糖水の浸透圧によって、腸内を動き、腸が刺激されることにより、便秘が解消されやすくなるとも言われています。刺激が腸を活発にしてくれるので、便秘が解消されやすくなります。

便秘がちな赤ちゃんのために作ってあげたい砂糖水の作り方

赤ちゃんの便秘に対して効果的な砂糖水の濃度は、5パーセント程度となっています。この濃度はとても大切なので、濃すぎず、薄すぎないように気を付けましょう。その作り方は、湯冷まし100ccに5グラムの砂糖、あるいはオリゴ糖を混ぜて、それが人肌程度まで冷めるのを待つだけです。哺乳瓶を使うと、とても簡単に便利に作ることができるので、おすすめです。

赤ちゃんには作った100cc全てを与える必要はなく、20~30cc程度を少しずつ与えるようにします。赤ちゃんの様子を見ながら、ゆっくりと適量を与えるようにしましょう。

砂糖水を与える際のポイント

砂糖水は便秘を解消させる働きがあるのですが、与えすぎると逆に下痢になってしまうことがあります。砂糖は腸内の悪玉菌を増やしてしまうこともあるので、過度に赤ちゃんに与えるのは良くありません。その悪玉菌が増えるのを抑えるために、できれば砂糖ではなく、オリゴ糖を与えるようにしましょう。

オリゴ糖なら、腸内のビフィズス菌を増やす働きがあり、便を柔らかくしてくれるので、より便秘解消に役立つでしょう。是非、赤ちゃんの便秘を解消するためにはオリゴ糖の砂糖水を作ってあげてみてはいかがでしょうか?

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る