タイムリミットは4日間?便秘と呼ばれる境目はどこ?

4日間出なかったら便秘?

便秘というのは一般的には4日間便が出ない状態の事だと言われています。実際4日間便が出ないと多くの人は心配になってくる期間でもあります。ですが便秘というのは必ずしも排便ペースだけで決められるものではありません。

どんな状態を便秘というの?

例えば便が毎日出ていたとしても便が固かったり、残便感があったり、腹痛があったり食欲が減ったりしていたら便秘という状態なのです。逆に3日に1度のペースでしか排便がなかったとしても便の状態が良好で、すっきりと出せるなら便秘とは言えないのです。
これは人によって食事量も違いますし、内容も違いますし、体格や体質によっても便は変化しますので個人差があるからなのです。ですので便秘の判断は排便ペースではなく、体の症状によって判断するべきです。

一言で便秘と言ってもいろいろある

実は便秘と言っても様々なタイプがあります。まず便意を我慢してしまったり残便感があるタイプは直腸性便秘の可能性があります。便意を我慢することで直腸の神経が鈍くなっているのです。このタイプは水分を多めにとることが必要です。また刺激の強い下剤は腹痛を強めてしまうのでやめましょう。
便意をあまり感じない、お腹が張っている、ダイエット中の方などは弛緩性便秘の可能性があります。この場合は運動不足であることが多いので適度な運動を心がけ、食物繊維を多めにとって腸を刺激してみましょう。

ストレスを感じていたり、便秘と下痢が交互に起こるという方は痙攣性便秘の可能性があります。若年層に多い症状で、自律神経が乱れている可能性があります。このタイプは水溶性食物繊維を積極的に食べましょう。またこのタイプはゴボウや大豆などの不溶性食物繊維を摂るとかえって負担になる恐れがあるので控えましょう。

4日間以上便が出なかったらどうする?

もし4日間以上便が出ず、腹痛や食欲不振を伴うなら病院へ行きましょう。4日以上でなくてもそれ以外の症状が特になく、自分のいつもの便の状態と変わらないなら特に問題はないでしょう。

さいごに

便というのは前日の食事の影響が非常に大きいです。昨日は外食をしてしまったとか、コンビニ弁当で済ませてしまったという日はやはり便秘になりやすくなります。ですがそのような食事をせざるを得ない日もありますよね。ですから便秘対策が思うようにならなくても何とかなるさ、と考えることも必要です。普段の便秘対策よりももしかしたらそのような心がけのほうが大切かもしれません。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る