実は緑茶が便秘の元だった?!

緑茶が便秘を促進してしまうメカニズム

便秘を促進してしまう緑茶に含まれる成分

緑茶には、便秘を促してしまう成分が2つ含まれています。1つ目がカフェインです。カフェインは、目を覚ませるのに効果があるといわれていますが、このカフェインには利尿作用があります。そのため、からだに必要であるはずの水分まで尿として排出されてしまいます。しかし、腸から排せつをするためには、ある一定の水分が必要です。それなのに、尿としてその水分が排せつされてしまうと、老廃物が硬くなってしまいます。老廃物が硬くなってしまうと、排せつしにくくなってしまうので、便秘になってしまいます。

2つ目がタンニンです。タンニンは、緑茶に含まれている渋み成分です。タンニンはたんぱく質とくっついて、収斂してしまうという性質があります。ひとのからだの粘膜は、たんぱく質でつくられています。そのため、口の中に入れると口の粘膜に収斂して、渋いと感じるのです。胃の粘膜や腸の粘膜ももちろんたんぱく質でつくられているので、タンニンが胃や腸にたどりつくとそこで収斂してしまいます。タンニンが胃や腸の粘膜で収斂してしまうと、粘膜から栄養を吸収しにくくなってしまいます。そのため、栄養がたっぷり残ったままの老廃物となってしまい、栄養が残ったままの老廃物は腸の悪玉菌を増やす原因となってしまいます。腸の中に悪玉菌が増えると、スムーズな排せつをすることができなくなってしまい、便秘を促進してしまうことになります。

緑茶が便秘を促進するプロセス

まず、食事中の飲み物として緑茶を飲んでしまうと、からだの粘膜、そして食事で摂取した食物とタンニンが収斂します。食物と粘膜の両方にタンニンが収斂してしまっているので、十分に粘膜で栄養を吸収することなく、食物が腸へと運ばれてしまいます。栄養がたっぷり含まれたままの食物をエサとして、腸内で悪玉菌が増殖します。悪玉菌や水分不足によって、排せつをしにくい状態となってしまいます。そして、便秘となってしまいます。

便秘を解消する力も持っている緑茶

これまで、便秘を促進してしまう飲み物として緑茶を紹介しましたが、実はそれと相反して便秘を解消する力も緑茶にはあります。それは、カフェインとカテキンが含まれているという部分です。カフェインには利尿作用があって便秘を促進してしまう面がある反面、腸を刺激して善玉菌を増やし便秘を解消するという側面があります。また、カテキンには殺菌作用があるので、悪玉菌をやっつけてくれるはたらきがあり、善玉菌を増やしてくれるはたらきがあります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る