便秘になると肋骨のあたりが痛くなる

便秘と肋骨の関係

どんな痛みがする?

「最近、肋骨のあたりが痛いなあ」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。我慢できる痛みなので、特別気にしていないけれど、何か気になるという方もいると思います。肋骨を圧迫するような痛みを感じると言う場合、便秘である可能性があります。特に、左の肋骨の下あたりが痛いという場合には、便秘である可能性があります。したがって、ふいに肋骨が痛いと感じる場合、きちんと排便をしているかどうか、便秘であるかどうかの可能性を疑ってみましょう。

便秘のときは左の肋骨下あたりが痛くなりやすい

一口に肋骨といっても、右側と左側にあるので、範囲が広いです。しかし、便秘になってしまって肋骨が痛いという場合、左の肋骨の下あたりが痛くなることが多く見受けられます。それは、腸に運ばれた食物は左側にたまる傾向にあるからです。左の肋骨の下あたりが痛くなっているときは、腸の動きが悪くなっているときでもあるといえます。それは、腸の動きが悪くなると、食物を運ぶはたらきが弱まってしまうからです。したがって、便秘のときに左の肋骨の下あたりが痛い場合には、腸の動きが悪いことによって便秘になってしまっている可能性があります。

肋骨の下の真ん中あたりが痛い

便秘になってしまった場合、肋骨の下の真ん中あたりが痛くなってしまう場合もあります。それは、便秘になってしまって腸に食物がたまってしまうことによって、肋骨の下の真ん中あたりが圧迫されてしまうからです。また、腸というのは胃ともつながっている器官です。そのため、腸の動きが鈍くなると、胃の動きも鈍くなってしまうことがあります。胃は、肋骨の中央くらいにある臓器なので、肋骨の下の真ん中あたりが痛くなってしまうことがあります。その場合、胃薬を飲んでも便秘を解消しない限り痛みが続くことがあるので、肋骨の下の真ん中あたりが痛いと感じる場合には、今便秘であるかどうかを考えるようにしましょう。

肋骨の痛みを解消するために

便秘を原因とした肋骨の痛みを解消するためには、便秘を解消しなければなりません。便秘を解消するためには、水分を多くとることと、食物繊維をしっかりとることがあげられます。また、軽い運動をすることも大切です。軽い運動をすることによって、腸の運動を促進することができます。便秘によって肋骨が傷むときというのは、腸の動きが鈍くなっている可能性が高いので、単純に便秘を解消するだけでなく、腸の動きを取り戻すことも意識するようにしましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る