臨月の便秘はツラい!

臨月の便秘はツラい!

女性はもともと男性と比べて腹筋が弱いので便秘になりやすい

しかし妊娠すると、お腹が大きくなるので腹筋に力が入らなくなり、ますます便秘の症状はひどくなってしまうことが少なくありません。妊娠中の中でもお腹が最も大きくなる臨月は、スッキリできない妊婦さんの数も多くなり、妊婦さん全体の70%以上は、慢性的な便秘に悩まされてしまいます。

臨月にはお腹が大変大きくなり、この頃には子宮の中の胎児が2000gを超えている事もあります。子宮が大きくなることによって周辺の内臓器官を圧迫し、腸の動きも鈍くなってしまうことが多いようです。また、臨月にはホルモン分泌が活発になるため、排便のために必要な腸内の水分も腸壁からどんどん吸収されてしまったり、十分な水分が腸内に送られなくなったりすることが原因となり、便秘になりやすくなってしまいます。

臨月のこうした便秘を解消するには

普段から十分な水分補給を心がけると同時に、腸を刺激して蠕動運動を活性化してくれる鉄分や食物繊維を積極的に食べる必要があります。プルーンなどをドライフルーツとして食べるのも良いですし、産婦人科でサプリメントを処方してもらえることもあります。臨月にはお腹に力が入らないので、トイレで頑張ってもなかなか自力で出せなくなってしまいます。

くれぐれも慢性化しないように、普段の生活の中で予防する策を見つけましょう。妊娠中のこの時期には、無理にいきむと破水してしまう可能性もあるので、トイレで頑張る際には十分注意が必要ですし、万が一破水した場合には即効で病院に行ってくださいね。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る