レモン水ダイエットは便秘解消の効果もある

レモン水の魅力

便秘に効果的

レモン水を使ったダイエットがあります。
このダイエット効果の中に、便秘を解消できるというものもあるので、便秘に悩まされている人は試してみるのもよいでしょう。まず、レモンには不溶性食物繊維が多く含まれているので、こちらを水分と一緒に摂取できるのが魅力の1つです。

実際には不溶性食物繊維だけでなく水溶性食物繊維も摂取する必要がありますが、ダイエット中はどうしても栄養が不足しやすいのでレモン水からの食物繊維の摂取はよいことだと思います。水分とセットになっているので、ダイエットをしていない人であっても便秘解消の効果が期待できるでしょう。

本物のレモンを使うとよい

レモン水のような市販の飲料として挙げられるのはポッカレモン100なので、これを使うのも手です。ポッカレモンは保存料が入っておらず、100%果汁なので安心して飲めるのですが、レモン水の代用品としてはどうかなという印象があります。便秘解消やダイエットのためにレモン水を飲んでみるなら、やはり本物のレモンを使うのがよいでしょう。レモン水を作るのに必要なものは容器、水、レモンの3つだけで、まずはレモンを2ミリから3ミリ程度にスライスします。1リットルの水の場合、容器に水とスライスしたレモンを2枚から3枚入れて、後は冷やせばレモン水の完成です。非常に簡単に作れるので、便秘やダイエットに興味があるならレモン水を作っておくとよいよ思います。

時間帯は問わない

どのタイミングで飲めばよいか、これは何を目的としているかで変わってきますが、便秘改善を目的としているなら特に時間帯は気にしなくても構いません。いつ飲んでもよいものなので、朝起きてすぐに飲む、食前に飲む、食事中に飲む、どれもよいでしょう。ただ、便秘改善の効果を期待するなら朝起きてすぐか、食前に飲むのが最適だと思います。食前にレモン水を飲んでおけば食欲が抑えられるので、ダイエットをしている人にも効果的な使い方です。非常にお手軽に作れるレモン水ですが、人によっては胃にダメージがあるかもしれません。レモンの酸はかなり強力な部類に入りますから、あまり胃が強くない人が飲むと胃が荒れてしまうこともあるようです。もしレモン水を飲んで胃がおかしいと感じたら飲むのはやめて、今ある分は処分してしまいましょう。このような場合はレモンの量が多いと考えられますから、次に作る時にはレモンを減らしてください。逆に胃に影響がないなら、作ったレモン水を気軽に飲んで健康効果を実感できるはずです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る