便秘で何科を受診するか迷った時、お勧めしたいのは内科

JU046_350A

内科は内科的病気の総合的な治療場所、診療場所であり幅広い診療が可能

もう便秘で何科にいけばいいと悩まない内科は検査の内容から言えば専門の診療科に劣る部分もありますが、便秘のおよその原因をつかんだり最初に治療する場所としては十分です。

内科以外では胃腸内科、消化器内科なども同様にお勧めです。胃腸や消化器の病気から便秘が来ている『症候性便秘』の場合はこれらの専門科での治療が必要とされるからです。

便秘で内科を受診してしばらく薬を試して生活習慣も改善したけれどよくならなかった、習慣性便秘ということはわかって色々と試してもよくならなかったという場合は次に便秘外来を受診してみるという方法もあります。

何科を受診したらよいか、という場合に初診であれば内科をお勧めしますが、一度病院に行って薬を試しても駄目だった、検査の結果に便秘の背後の病気の可能性など異常がないというのであれば便秘外来は適切な診療科です。

便秘外来は便秘に関する専門科で習慣性便秘、特に重症の習慣性便秘の治療にも対応しています。

食事内容の見直しや運動習慣の見直しなど生活指導という意味でも内科よりももっと専門的な指示を受けられるのは便秘外来ならではの特徴といえるでしょう。
しかし、便秘外来は多くが予約制となっています。

便秘の解消の基本は自分の生活習慣を見直すことにあると言われています。

生活習慣を見直しましょう実際に便秘の患者に関する統計があるわけではありませんが、便秘の多くは習慣性便秘と言われているからです。

習慣性便秘とは日常的な習慣からくる便秘で、便を固くする習慣、腸の動きを鈍らせる習慣などが原因となっています。これらの習慣を見直すことで改善できるのも習慣性便秘の特徴です。

習慣性便秘が多い、生活の注意で習慣性便秘は解消できるということから便秘の解消のためにはまず生活習慣の見直しが必須と言われているのです。

食事、運動、ストレス管理など幅広い意味での習慣を見直したにも関わらずなかなか便秘が治らないという場合には病院に行くのもひとつの方法です。

習慣性便秘ではなく病的な便秘の可能性も考えられるからです。また、便秘があまりにも重症で薬の手助けを必要とする可能性もあるので病院に行ってみてください。いざ病院に行くとなると悩むのが何科を受診するかということです。

便秘で何科を受診したらよいかということには定まった答えがあるわけではありません。まず言えるのは便秘は内科系列の病気というくくりですので外科に行っても治療は出来ないということです。

内科系列の診療科ではその多くで便秘の診療が可能ですが最初に行くのであれば専門科よりも幅広く診察できる診療科のほうが良いです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る