便秘の時におならが多くなるのは消化不良が原因

GN093_350A

便秘でおならがひどいという方も多い

便秘になると、おならが多くなるそもそもおならがなぜ発生するのかというと空気から発生する場合と食べ物から発生する場合に分かれています。

空気からおならが発生する場合には飲み込む空気量をなるべく減らすのが有効です。ですがこれはおなら全体からみるとそれほど大きな割合ではなく、食べ物から発生するおならを減らす方が有効といえるでしょう。

食べ物から発生するおならは腸内で食べ物の中の物質が発酵して出来る場合、消化不良の時に発生する場合の2種類に分かれています。

まず消化不良の時に発生するおならですがこのおならは臭いのが特徴です。

便秘の時におならが多いだけではなくひどい臭いがするという場合は消化不良によってタンパク質の分解過程で臭いおならが作られている可能性が高いです。

消化不良を治すためにビフィズス菌などで腸内環境を整えるほかに、臭いの元であるたんぱく質をそもそもあまり摂取しないという方法もあります。

消化不良が治ってきたらおならも臭くなくなるのでまたいつも通りタンパク質を摂取しましょう。

特に肉は魚に比べて臭いがひどくなりやすいのでタンパク質を食べるときは魚よりも肉がおすすめです。

発酵型のおならはおならの臭い自体はそれほどでもないのですが量が多い

おならの臭いが気になる便秘でおならが多い、臭いはそれほどないという場合は発酵型のおならがたくさん作られている可能性が高いです。発酵型のおならというのは炭水化物やセルロースがお腹の中で発酵してできるメタン、二酸化炭素がその正体です。

おならが出やすいと言われるさつまいもなどはこの発酵型のおならを作る食べ物としてよく知られています。さつまいも、豆類を控えることで発酵型のおならは減らせます。

発酵型の中には便発酵型のおならもあります。

便があまりにも長く腸内に滞在していることによって腸内環境が乱れて悪玉菌が発生しやすくなります。

すると今度は悪玉菌が便の一部から発酵型のおならを作り出してしまうのでこちらは発酵型のおならとは言っても量が多く臭いも臭いです。

便発酵型のおならの量を減らすにはやはり便秘の解消が必要といえます。食事の改善やマッサージで便秘解消をしておならも減らしましょう。

ちなみにおならの量が多い、おならの回数が多いとはいっても人間はもともとおならをする生き物です。

おからは気にしなくても良い1日に20回以内であればおならの回数が多いうちには入らないのでそれほど気にしないでくださいね。

また、おならの回数や便秘によるおならの臭いなどを過剰に気にしてストレスでおならがますます出てしまうという方もいるようです。おならは誰でもするもの、おならをしたらどうしようとあまり考えすぎないこともおなら対策には重要なポイントです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る