乳酸菌を飲むタイミングも大事?賢く便秘を解消しよう

乳酸菌は飲むタイミングも大事?

便秘解消に良いといわれている『乳酸菌』。
でもなかには、『乳酸菌を飲んでいるのに、なかなか便秘が解消されない』という方もいるのではないでしょうか。乳酸菌は、『飲むタイミング』によって効果が変わってきます。もちろんどのタイミングで飲んでも便秘解消に繋がりますが、飲むタイミングを知ることが大切です。

食前と食後どちらが効果的?

結論からいいますと、『食後』です。

というのも、乳酸菌は胃酸に弱いという欠点があります。胃酸は、食前の空腹時はたくさん分泌され、せっかくの乳酸菌を死滅させてしまいます。しかし食後なら、食事をすることで胃酸が薄くなっていますから、生きたまま腸に乳酸菌を届けることができるからです。乳酸菌は、生きて腸に届けることが重視されますから、食前よりも食後のほうが確実に乳酸菌の効果を高めてくれるでしょう。

乳酸菌の効果を高めるためには

乳酸菌を活発に働かせるためには、オリゴ糖や食物繊維といった『善玉菌のエサ』を積極的に摂ることが大事です。

もちろん乳酸菌だけでも効果はありますが、より効果を高めるためには、食事にオリゴ糖や食物繊維をプラスすると良いでしょう。食物繊維は水溶性が便秘解消に良いといわれていますが、不溶性とバランス良く摂ることがもっとも重要になります。ですから、水溶性食物繊維ばかりではなく、不溶性食物繊維もしっかり摂るようにしてください。

乳酸菌の摂り方

ヨーグルトで乳酸菌を摂取しよう

ひと口にヨーグルトといってもさまざまです。
便秘に良いのは『生きて腸まで届く』こと。オススメは、『プロバイオティクス』が入っているヨーグルトです。成分を確認し、この菌が入っているか確認しましょう。入っていないヨーグルトは、美容効果はあっても便秘解消にはあまり効果がないといわれています。

他にも、『トクホマークが付いている』『自分の体に合った菌を選ぶ』などが挙げられます。また、しばらく摂取して効果がない場合は、違うヨーグルトに変えてください。

飲むヨーグルトで乳酸菌を摂取しよう

ヨーグルトには飲むタイプもありますが、手軽に乳酸菌を摂取できるのでオススメです。ただし、飲みすぎはNG。1日に約500mL程度を摂るようにしてください。普通のヨーグルトに豆乳や牛乳を加え、自分で飲むヨーグルトを作ってもOKです。このとき、いちごやバナナなど、酵素を含んだ野菜や果物をプラスするとより効果的です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる飲み物の関連記事

ページ上部へ戻る