ぬか漬けは便秘に効果のある植物性乳酸菌が豊富

ぬか漬けのパワーがすごい

ぬか漬けと乳酸菌

実家で暮らしていた時には、たまに漬物が食卓に並びました。
ところが、1人暮らしを始めてからは漬物を食べる機会がめっきりと減ってしまい、年に1回食べるか食べないかといった程度です。きゅうりのぬか漬けも昔は時々食べていたのですが、このぬか漬けが便秘によいと聞きました。野菜をぬか床で漬けることで乳酸菌は発酵して増えるので、ぬか漬けから効率よく乳酸菌を摂取できるわけです。私も知らなかったのですが、野菜から摂取できる乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれるもので、牛乳など乳製品に含まれているものは動物性乳酸菌です。便秘など腸によい影響を与えるのは両者同じなのですが、性質はそれぞれ異なっています。

動物性と植物性

動物性乳酸菌は腸を刺激する、免疫力を高めるなどの効果が期待できるものの、他の細菌との相性が非常に悪いのが特徴です。相性が悪いので単独で存在しているのですが、そのせいで体内に入るとほとんどはあっさりと分解されてしまいます。全ての動物性乳酸菌が弱いというわけではありませんが、牛乳やヨーグルト、チーズなどを多く摂取しても乳酸菌は腸まで届きにくいので、それほど便秘改善の効果は期待できません。逆に植物性乳酸菌は他の細菌と共存できるのが大きな特徴で、分解されにくいので腸まで届きやすいでしょう。また、野菜に含まれている糖分などを利用して体内で増えるので、これも腸への届きやすさに関わっています。それなら植物性乳酸菌だけを摂取すればよいと感じてしまうかもしれませんが、動物性乳酸菌は死滅した後であっても善玉菌の餌として使われるので、無意味ではありません。

冷蔵庫で作る

食べ合わせの意味ではどうかと思う人も出てくるでしょうが、ぬか漬けで植物性乳酸菌を摂取して、牛乳やヨーグルトなどから動物性乳酸菌も摂取するのが効率面ではよいと思います。市販の漬物にも乳酸菌は含まれているのでしょうが、添加物などの関係で便秘解消に効果があるほどではないようです。そのため、効率よく乳酸菌を摂取するなら自宅でぬか漬けを作って、それを食べるのが効果的です。漬物を作るなんて無理だと感じるかもしれませんが、これは毎日かき混ぜるものをイメージしているのではないでしょうか。冷蔵庫でぬか漬けを作る方法もあって、こちらなら2、3日に1回程度かき混ぜるだけでよいので、それほど負担はかかりません。きゅうりや茄子、人参などはぬか漬けの定番ですし、余ってしまった野菜をぬか漬けにするのも効率的でよいと思います。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る