便秘で脳梗塞になるメカニズムとは?

便秘で脳梗塞になるメカニズムとは?

脳梗塞にならずに即効でスッキリするためにはどうすれば?

毎日の食生活を見直すことがベストです。毎日の食事はできるだけパン食よりも米食にし、食物繊維をたっぷり摂取できるものを心がけると良いでしょう。即効でスッキリするためには、十分な水分補給も必要です。便秘になりやすい人は、毎日2リットルを目安にして水分補給をしたいですね。また、ヨーグルトやキムチ、納豆などの発酵食品を食べるのも効果的です。

頑固な便秘が長引くと、自然に快適なお通じは期待できなくなってしまいます。

薬に頼ると腹痛に襲われたり、自力で出そうとすればトイレで長時間の間、思い切り踏ん張らなければいけません。実は、このトイレでの踏ん張りは、脳梗塞を引き起こすリスクを伴っています。

頑固な便秘になると、腸内に蓄積している便はカラカラに乾燥してしまうため、腸内で食べ物が先に移動しにくくなるだけでなく、滑りも悪くなって排出しにくい状態になってしまいます。これを踏ん張ってスッキリしようとすると、かなり踏ん張ることが必要なのですが、もともと血圧が高めの人は、便秘を解消するために踏ん張ることによって、血圧が一気に上昇して脳梗塞や脳卒中を起こしてしまうことがあります。実は、慢性的な便秘を抱えている高齢者の脳梗塞や脳卒中の何と半数以上は、トイレでの踏ん張っている時に起きるものと言う統計もあるほどで、トイレで踏ん張ることはいかに脳梗塞のリスクをアップするかが分かります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る