妊娠をきっかけにして便秘になること自体は珍しいことではありません

GR156_350A

01妊娠をきっかけに便秘になると心配なことも多いと思います。

もともと便秘は体の不調、特に必要な栄養不足を表していることが多いので妊娠をきっかけに便秘となると何か栄養が不足していたのか、赤ちゃんに影響はないのかなど不安になってしまいますね。実は妊娠をきっかけにして便秘になること自体は珍しいことではありません。むしろ多くの人が妊娠を機にして便秘の傾向が強まっています。

妊娠で便秘になってしまう原因にはいくつかありますがまず一つは黄体ホルモンの分泌が挙げられます。女性の場合、妊娠とともに盛んに分泌されるようになる黄体ホルモンは腸の動きを悪くしてしまう働きがあるので必然的に腸が動きにくくなり便秘にもなってしまいます。

子宮が腸を圧迫するという原因がある

4et34t妊娠するとこれが自分の体か、と思うくらいにお腹が大きくなる場合も多いですよね。

外側にもお腹が張り出ているのがわかりますが内側でも臓器が少しずつ圧迫されています。腸もそのひとつで、特に赤ちゃんがいる場所である子宮と腸はもともと近くにありますのでお互いに影響し合っている部分も多いのです。例えば子宮筋腫や子宮内膜症などでも腸が圧迫されて便秘になることはあります。

妊娠の場合は子宮筋腫、子宮内膜症とは違って手術や治療でどうにかするという類のものではなく赤ちゃんが育っているという『健康な事象』なので原因をどうにかしたりはしません。赤ちゃんを無事に育てながら妊婦さんも過ごしやすくするのが妊娠中の便秘対策の基本です。

妊娠で便秘になったという方にお勧めの解消法はマッサージです。

img038食事などに気を付けてもなかなか便秘がよくならないという時は腹部のマッサージを行ってみましょう。腹部のマッサージを行うのは妊娠20週以上がふさわしいとされています。大体妊娠4-5か月ですので安定期を迎えてからマッサージをするというイメージを持ってください。

妊娠中の便秘のマッサージは普通の腹部マッサージと大きく変わらない

一般的に良いと言われている時計回りのマッサージなどがあります。おへその近くに手を当ててそこから時計回りにマッサージをしていきます。妊娠していることで特に気を付けるべきなのは力のかけかたで、あまり力を入れすぎないように注意しながらマッサージしていきましょう。

また、腸が圧迫されて背中の方に移動している妊婦さんも多いので、人に手伝ってもらって背中をさするのも有効です。

背中の中でも背骨と腰骨の間付近をゆっくりと優しくさすってもらうと便秘の解消効果があります。これらのマッサージは便秘を解消してくれるだけではなくリラックス効果もあるので是非妊娠して便秘になったら試してみてください。

便秘解消が即効できる商品ランキング

妊娠中で便秘でお悩みの方への関連記事

ページ上部へ戻る