妊娠中の便秘で、強く踏ん張っても赤ちゃんに影響はなし。

benpi妊娠すると便秘になるというのはよく聞くお話ですが、妊娠中の便秘で踏ん張ってよいのかどうかはあまり知られていません。結論から言うと、排便時に踏ん張るぐらいで流産してしまうことはないとされていますのでご安心ください。

ただし、そうは言っても踏ん張ることによって「赤ちゃんが出てきてしまうのではないか?」「流産してしまうのではないだろうか?」「赤ちゃんが苦しむのではないか?」などと妊婦になって始めて心配になってしまいます。大丈夫とわかっていても心配ですよね。

b19dc7a9便秘で排便時に踏ん張ることで赤ちゃんに影響があるのかよりも、便を腸にためておくほうが便秘の悪化につながってしまいますので、踏ん張ることで便秘が解消されるのであれば踏ん張ったほうが良いです。便をため込むことは体によくありません。
妊娠中は便秘になりやすい体質になってしまうのはどうしようもないので、便秘になりにくい体質を目指すことが大切だと私は思います。妊娠初期においては強く踏ん張ると流産してしまう人もいるので、妊娠中から便秘を気を付けるのではなく、普段から便秘になりにく体質を目指していきましょう。

妊娠中の方の便秘解消として、赤ちゃんや妊婦が飲んでも大丈夫なカイテキオリゴなどの商品もありますが、医師に相談することで便秘解消をお手伝いしてくれるでしょう。便を柔らかくする薬(マグネシウムの便秘薬など)を処方してもらったほうがストレスも解消できて体調にも良いのでお勧めです。

妊娠中に強く踏ん張ることによって痔などの危険性も!

いぼ痔や切れ痔にご注意

妊娠中に踏ん張ることが痔の原因となり妊娠中に痔になる人も多いとお聞きします。妊娠中だからといって踏ん張ってはいけないというわけではなく、便が硬いために強く踏ん張ってしまうと、いぼ痔(痔核)切れ痔(裂肛)を発症しやすくなってしまいます。

妊娠中でもスムーズに排便するにはどうしたらよいのか

便秘で悩まないためには便秘を改善することが大事だと私は思います。
妊娠中の便秘は痔や子宮収縮の原因となるため、便秘体質を改善し、スムーズに排便することが良いとされています。便秘にならない体質を作って、妊娠生活を便秘のストレスに侵されないように心掛けていきましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

妊娠中で便秘でお悩みの方への関連記事

ページ上部へ戻る