便秘と眠気には関係がある?

便秘と眠気には関係がある?

便秘と眠気には大きな関係

トイレで思い切り力んだから疲れて眠くなったというわけではなく、慢性的な便秘が続くことによって、体にはいろいろな不調が現れるようになり、その一つの症状に眠気があります。これは、スッキリできない原因の一つにもなっている食生活の傾向と大きな関係があると言われています。

普段の食生活の中で食物繊維やミネラルを積極的に取ることが必要不可欠

食物繊維は腸内で水分を吸収しながら宿便をからめ取り、排便しやすい腸内環境を作ることができます。また、ミネラル成分は腸内で善玉菌の美味しいエサとなるため、腸内環境の改善作用が期待できるためです。一方、便秘になりやすい人の食生活は、ご飯やパン、パスタ、ジャガイモなどの炭水化物を積極的に食べることが多いと言われています。

炭水化物は満腹感がある食品ですし、エネルギー源にもなるので人間が生きる上では必要不可欠な栄養素ですが、たくさん食べると眠気を誘うという特徴があります。つまり、便秘になりやすい人ほど炭水化物をよく食べているため、眠たくなりやすいという理論が成り立つわけです。

もしも慢性的にスッキリできない日が続いていて、なんとなく昼間でも眠気を感じる場合には、食生活を見直してみると良いでしょう。炭水化物の量を減らして、あっさりした野菜や豆類、海藻類を積極的に食べるように心がけるだけでも、眠気改善効果が期待できますし、同時に便秘解消も期待できます。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る