便秘の解消に梨を食べよう

なぜ梨は便秘に効くのか

梨には食物繊維のかわりのものが含まれている

便秘を解消してくれる食べ物として、フルーツの「梨」があげられることがあります。夏になるとよく食べるという方もいるのではないでしょうか。水分が多くみずみずしいので、とてもジューシーです。便秘の解消のポイントとして、水分をよくとることが必須ですが、梨が果たす役割はそれだけではありません。

梨を食べると分かりますが、梨には食物繊維がほとんど含まれていません。包丁で切ったときにも、繊維質のものはありません。便秘の解消をするためには、その食物に食物繊維が多く含まれているかどうかがポイントになります。ではなぜ梨には食物繊維がほとんど含まれていないのに、便秘の解消に役立つといわれているのでしょうか。

それは、梨に食物繊維の代わりとなるものが含まれているからです。それが「石細胞」というものです。この石細胞は、人間のからだの中では、消化することができないものなので、排せつされてしまいます。そこで、食物繊維と同じようなはたらきをしてくれるのです。梨を食べると、梨特有のザラザラの舌触りがありますが、あれこそ石細胞です。

梨にはたっぷりの水分と酵素が含まれている

食物繊維の代わりとなるものが含まれているだけでは、梨が便秘効くとはいえません。それは、食物繊維が多くなってしまうと、便が硬くなってしまい、逆に便秘になってしまうことがあるからです。そこでポイントなのが、梨には水分が多く含まれているということと、酵素が含まれているということです。

便秘の解消のために水分をたくさんとるというのは、詰まりがちな便をスムーズに排せつするために重要なポイントです。そこで、梨には多くの水分が含まれているので、石細胞がスムーズに排せつすることができ、便秘の解消に重要な役割を果たします。喉がかわいていても梨を食べればそれを潤すことができるほどの水分が含まれているので、石細胞を排せつするためにちょうどよい水分量が含まれています。

そして、梨には酵素が含まれています。酵素は、たんぱく質を消化することのできる成分です。たんぱく質は、お肉に多く含まれている成分です。肉料理を食べた後、野菜が足りていなくて便秘になりやすくなると思います。したがって、肉料理を食べた後に梨を食べるとようにすると、分解を促すことができるので、次の日には梨の効果を実感することができます。デザートとして梨を食べるだけで便秘を解消することができるので、試してみてください。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る