便秘で何科に行くか迷ったら「内科」を選べば間違いない!

便秘に悩む人は非常に多く、便秘の解消法をすでに試しているという方も多いのではないかと思います。

食べ物や飲み物を便秘解消に効果がある栄養素(食物繊維や乳酸菌など)を摂取してみたり、筋力を鍛えてみたり、便秘解消が即効できると評判のツボを押して見たり、腹部マッサージで便秘を解消しようと努力しているという方もいるかもしれません。
便秘を解消する方法は数多くあり、解消法を試された方も多いのではないでしょうか。

ですが便秘によってお腹が常に痛くて苦しいという場合は病院に行くのもひとつの方法です。

確かに生活習慣を見直すことで自分でも便秘対策をすることができますが、病院に行ってみるのも解消法の1つです。
便秘で病院に行くことは恥ずかしいことではありません。 便秘が原因で死亡するケースもあるので、便秘の症状が続くようであれば病院に行くようにしましょう。中でも内科の病院がオススメです。

そんな便秘の診察ですがよくよく考えてみると『何科?』と思ったという方もいます。

便秘の病院は何科?
普段便秘で診察を受けることは滅多にないので何科で治療をうけたらよいのか、と悩む方もいるとは思いますが最も一般的なのは内科です。
基本的には便秘で悩んだら内科に行けば間違いありません。

内科は便秘だけではなく内臓のさまざまな問題を扱っている診療科で、日本国内の診療科を調べてみれば内科がトップ5までには必ず入ると言われています。

便秘は便秘の原因となる大腸や小腸、もしくはそのほかの消化器に何らかの問題が起きていることで引き起こされるので内臓に問題があるということであれば内科の診療範囲となります。具合が悪いときはとりあえず内科に行くという方が多いと思いますが便秘の場合もそれはOKなので、まずは便秘解消を目指すのであれば内科へ行ってみましょう。

便秘の診療科は内科、胃腸内科、消化器内科などということになりましたが治療科は更に広いです。

治療科は多いので自分に適した科を選びましょう
治療は何科?と言われると原因によって違うのでどこの科とは言えない状況です。

症候性便秘で背後に子宮の病気がかかわっていれば婦人科ですし痔が原因なら肛門科で治療を行います。
また、最近増えていると言われているのが痙攣性便秘というストレスが元で引き起こされる便秘です。ストレス社会の現代では特に多くなっているようです。

ストレスが原因で痙攣性便秘の場合には心療内科での治療が適切となり、診療科はある程度決まっていても治療科に至っては多様な範囲にわたるのが便秘の治療の特徴です。

便秘解消するための病院は何科がベストかは一概には言えませんが、多くの人があてはまる内科を選べば間違いありません。内科の先生にきちんと症状を伝えることで最適な科を教えてくれますので、何科に行くかを悩んだら内科を選ぶということを覚えておきましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る