便秘は何処に行ったら治る?消化器科よりも内科がオススメ

JU015_350A

benpi002便秘の治療のために病院に行くこともあるかと思いますが病院の診療科は様々です。診療科がたくさんありすぎで便秘は何処にいったら治るのかわからなくなる人も多いです。とくに初診の場合は何科にいけばよいのか悩む人も多くいます。

とりあえず便秘は怪我などで起きている可能性は低いので外傷がなければ外科、整形外科などは外します。次に考えられるのは内科、胃腸内科、消化器科などです。内科と胃腸内科、消化器科は何が違うのかというと内科は最も範囲が広いです。何処にいったら便秘が治るかわからない場合は内科を選んでおけば間違いありません。

風邪で鼻水が出ている、咳が出ているようなときでも内科を利用する方が多いと思います。一方で胃腸内科や消化器科は胃腸、消化器に関する診療と検査、治療を行う場所です。胃腸内科よりも消化器科の方が範囲が広く、消化器科では食道や肝臓などの範囲まで治療可能です。

では便秘を治したいと思ったらどこにいけばよいのかというと、基本となるのは内科です。

img030ですが胃腸内科、消化器科でも治療を受けることは可能です。

機能性便秘の中の習慣性便秘が便秘の多くを占めています。

これらの原因は、日常生活の習慣が主であり、胃腸内科や消化器科で専門の治療を受けなくても済む場合がほとんどで、必然的に内科での治療が増えます。
ただ、便秘症状の背景には胃腸の病気や消化器の病気が隠れているケースもありますから油断は禁物です。「たかが便秘」と思っていたら、他の病気の治療のために、内科から胃腸内科や消化器科などへ診療科が急に変わる可能性はいつでもあります。

また、内科、胃腸内科、消化器科の標榜に関しては割とあいまいと言われています。

am01内科でも胃腸内科レベルの専門的知識を持った先生がいることもあればその逆もあります。内科を胃腸内科と標榜したところ来る患者の層が異なったという例もあり、標榜のイメージで患者は判断しますが実際にどれほどの知識と技術を持った医師がいるのかは判断が難しいのです。

胃腸内科にしても内科にしても、そして消化器内科にしても何処に行くべきか決まったら、事前に口コミなどを調べてから病院に行った方が良いでしょう。

消化器科で内科の治療を行う時は症候性便秘の場合は消化器の問題解決を先に行います。

膵臓や胆嚢などに問題があってうまく便を出せていない状態ということが考えられるときは便秘の原因を取り除くことから始めなければいけません。それと同時に便秘の不快感の大きさや症状のひどさによっては下剤で対応することもあります。

消化器科で便秘を治す際に、膵臓や胆嚢などの病気は医師の力が大きな助けになりますがそれに伴って起きている便秘はある程度自分の生活習慣を見直すことでも改善可能となっています。

病気に影響を与えない範囲で食物繊維や便を柔らかくする食べ物、腸内環境を整える食べ物などを摂取するのも良いでしょう。病気の治療中はどうしても運動量が少なくなりがちですので家の中で出来る簡単な腹筋運動や筋トレは欠かさず行って、病気が治った後に快便になるような工夫をしておきましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

病院で便秘解消の関連記事

ページ上部へ戻る