便秘で胸焼けするのはなぜ?

便秘で胸焼けするのはなぜ?

頑固な便秘が続くと、胸焼けがしたり吐き気を催すことがある

これは、便秘によって腸内に腐敗した食べ物が蓄積され、毒性のガスを発生することが原因です。毒性のガスは腸壁を通って血管に入り込み、全身へ毒素が送られますが、同時に、腸内で処理しきれなくなった毒ガスは、消化器官を逆流して胃にも達してしまうことが少なくありません。

毒ガスは気体なので、胃でストップするわけではなく、食道まで登ってくることも珍しくありません。そうすると、それらの成分によって食道が炎症を起こして胸焼けを起こしてしまうことになります。

なぜ毒ガスで胸焼けを起こすのでしょうか?

食べ物が消化されて腸にたどり着く際には、胃酸など強烈な酸によって分解されるなど、消化する過程で分泌される分泌液などをすべて含んだ状態になっています。それらが腐敗した食べ物と混ざり合って消化器官を逆流してくるのですから、食道で炎症を起こす成分の中には、強烈な酸である胃酸の成分もたっぷり含まれていることになるのです。

便秘による胸焼けを予防するためには、食生活を見直すことが必要です。脂質や糖質の多い食生活は、便秘を悪化させるリスクが高いのでできるだけ控え、食物繊維など即効で便秘解消効果の高い成分を多く含む野菜中心の生活を心がけてみましょう。スッキリできる習慣がつけば、胸焼けを引き起こす要因がなくなるので、不快な症状を根本的に解決できます。暴飲暴食も控えたほうが良いですね。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る