普段の生活を見直して便秘を予防しよう!

便秘を予防するための4つのこと

食生活を見直す

1つ目は、食生活を見直すということです。老廃物として排せつされるのは、自分が口から取り入れたもののカスや、からだの中で不要になったものなどです。そのため、何を食べるのかによって、排出される老廃物もかわってきます。便秘を防止するための食生活としては、バランスのとれた食事を心がけることと、腸内環境を整えるものを積極的にとりいれることです。

バランスのとれた食事とは、肉や魚などのたんぱく質が多く含まれたものばかり食べるのではなく、食物繊維が含まれた野菜なども一緒に食べるということです。また、人間のからだは1日に1リットル以上の水を欲しているといわれているので、水分をしっかりとることも大切です。また、腸内環境を整えるものは、乳酸菌やオリゴ糖が含まれたものを食べるということです。乳酸菌やオリゴ糖が含まれているものとは、ヨーグルトなどの発酵食品やフルーツなどです。

軽い運動を行う

2つ目は、軽い運動を生活にとりいれるということです。人間のからだは、意識的に運動をとりいれないと、すぐに筋力が衰えてしまいます。排せつは、お腹まわりの筋肉を動かして行うので、筋力が低下してしまうと、腸がぜんどう運動をすることができずに、便秘になってしまいます。運動をする時間がないという方は、普段ならエレベーターを使うところで階段を使うなど、ちょっとした時に歩く時間をつくってみましょう。家にいる時間が長いという方は、家の階段の上り下りの回数を増やしてみたり、掃除のときに大げさに動いてみたりして、工夫して運動をするようにしてみましょう。

トイレに行く習慣をつける

朝ごはんを食べた後に、必ずトイレに行く習慣をつけましょう。朝ごはんの後というのは、食べ物を入れたことにより、腸が活発に動き始める時間です。そのため、準備に時間をとられてしまうのではなく、10分早起きしてトイレの時間をつくるようにしましょう。朝ごはんの後にトイレに行く習慣がつけば、排せつする習慣ができるので、便秘を予防することができます。

ストレスを解消する

胃や腸などの消化器官は、自律神経が司っています。そのため、ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、便秘になったり下痢になったりしてしまいます。したがって、普段からうまくストレスを解消することができるようにしておきましょう。からだをリラックスさせるだけで、からだにかかっているストレスを解消することができます。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る