みかんが便秘改善に効果的な理由とは一体何か

みかんの便秘改善効果とは

2種類の食物繊維

私はみかんがとても好きで、秋から春にかけてはよく食べています。
そのお陰と断定はできないものの、秋から春の時期はお通じがすごくよい気がしますし、実際にみかんは便秘によいと言われている果物です。食物繊維が便秘によいというのはよく知られている事実ですが、食物繊維は不溶性と水溶性の2つに分けられます。

不溶性食物繊維は水に溶けないタイプの食物繊維で、デトックスや腸を刺激してくれる効果があるものの、水分を吸収すると大きくなるので場合によっては便秘が悪化するかもしれません。水溶性食物繊維は水に溶けるタイプの食物繊維で、便秘改善や善玉菌を増やすなどの効果が見込めるありがたい成分です。みかんがどうして便秘によいと言われているのか、それは2種類の食物繊維をバランスよく含んでいるからです。

バランスが重要です

先に書いた通り不溶性食物繊維は便秘を悪化させることがあるので、2種類の食物繊維の割合は便秘改善の上で特に重要なポイントと言えるでしょう。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスは1対2ぐらいがよいと言われていて、水溶性食物繊維の方が摂取しにくい傾向にあります。食物繊維と言えば野菜をイメージするかもしれませんが、水溶性食物繊維を多く含んでいるのはモロヘイヤだったり、西洋かぼちゃだったりとあまり食卓で見かけないものが多いのです。水溶性食物繊維が多く含まれているのは海藻類や豆類などで意識しないと摂取しにくいのですが、みかんは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が多く含まれています。

みかんの皮と筋

ただ、みかんを普通に食べればよいというわけではなく、食物繊維が豊富なのは実が詰まっている透明な皮と、皮に付いている白い筋の方です。そのため、中身だけを食べて皮は捨ててしまう人の場合、食物繊維の恩恵はあまりありません。私は何故か昔から皮ごとみかんを食べていたので、これが便秘に効果的だったと思われます。知っている人も多いでしょうが、みかんは美肌効果が期待できるビタミンCを多く含んでいるので、女性にとってはすごくありがたい存在です。もっとも、みかんは体を冷やす食べ物なので、あまりに食べすぎると逆に腸が冷えて便秘改善の効果が失われることもあります。水溶性食物繊維はサプリメントを利用しない限り摂りすぎにはなりにくいと言われていますが、摂りすぎで下痢を引き起こす例はあるようなので食べすぎには注意したいところです。しかし、そこにさえ注意すれば便秘改善に期待が持てるでしょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る