便秘中の麺類ならコレを是非選んで!

便秘中に食べたい麺類はコレ!

便秘中でも食欲があって、何か食べたいけど、何を食べたら良いの?と思っている人も多いでしょう。

麺類が好きな方は、ラーメンやパスタなどを食べたいけど、お腹の調子が悪いときにはあまり油っぽくないものを選択した方が良いと思います。私も麺類がとても好きなのですが、どうしても下痢と便秘を繰り返している時に、そのような麺類を食べてしまうと、余計にお腹が痛くなって辛い思いをしたことがあります。では、麺類なら何を食べるのがおすすめなのかというと、うどんです。

うどんはスーパーなどで格安に購入できる麺類で、調理方法も簡単ですし、うどんのチェーン店も多々展開されているので、身近な麺類でしょう。

うどんはなぜ便秘に良いの?

うどんは消化に良い麺類です

シンプルな素うどんなどは、風邪など体調を崩した際に食べることが多い方もいるでしょう。
ただ、とても消化に良い麺類なので、便秘中にもおすすめです。便秘でお腹が張っていて、少し苦しいときでもうどんなら、つるっと食べやすくなっています。特に柔らかく煮込んであるうどんは胃腸にとても優しいので、負担をかけずに食べることができます。

うどんの原材料は小麦粉と水、少量の塩だけなので、ラーメンやパスタのように油分が使用されていません。油分が含まれていると、どうしても胃腸に負担がかかりやすくなるのですが、小麦粉と水、塩だけなら、お腹にとても優しいので食べやすいでしょう。消化吸収も良いうどんで、便秘中の食事も楽に乗り切ることができます。

うどんが便秘に良い理由とは

便秘の場合、体内の水分が足りていないことがあります。
しかしうどんには水分が含まれているので、適量の水分を摂った上で、食事も摂ることができるので、便秘が解消されやすくなります。便秘が続いている時は、胃腸が疲れていることがあります。その疲れている胃腸に、負担がかかるような食事は便秘中には望ましくなりません。

その点、うどんは胃腸を休ませることができ、少し休んで元気になれば、また元気に胃腸が働くようになり、蠕動運動が活発となるので、自然にお通じが起こるようになるでしょう。うどんは安くて美味しいだけでなく、体にとって嬉しいメリットが多々あるので、是非便秘の際にはうどんを食べてみてはいかがでしょうか?自宅で簡単に作ることができますし、バリエーションも色々工夫することによって、飽きることなく食べることができるでしょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る