めかぶにはどんな効果がある?便秘にも良い?

めかぶの効果について

めかぶは、ネバネバ系食材のひとつ。スーパーでよくパック売りされていますが、一体正体は何なのでしょうか?めかぶは、海藻類の一種。海藻の中でも、わかめの一種になり、わかめの根っこの部分というと分かりやすいかもしれません。ネバネバしており、コリコリとした食感が特徴的。めかぶにはさまざまな栄養が含まれており、そのなかでも多いのが『ヨウ素』『ビタミンK』『食物繊維』です。食物繊維は、水分の多い水溶性です。また、カルシウムも含まれています。

免疫力を高めてくれる

めかぶに含まれている『フコイダン』と呼ばれる成分が、免疫力を高め強い体にしてくれます。フコイダンにはナチュラル・キラーという細胞を活性化する働きがあるため、ウイルス感染細胞やがん細胞などをやっつけてくれます。めかぶを食べると免疫力が上がるといわれているのはそのためです。

胃を守ってくれる

胃炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌を、退治してくれるのがめかぶに含まれているフコイダンです。フコイダンは胃壁に付着するピロリ菌を妨げる働きがあり、胃炎や胃潰瘍の症状を和らげてくれるといわれています。

めかぶと便秘の関係

便秘で悩んでいる方には、ぜひめかぶを食べてほしいなと思います。というのも、先にも述べたようにめかぶには豊富な水溶性食物繊維が含まれているからです。水溶性食物繊維が腸の中に溜まった老廃物を吸着し、外へ押し出してくれます。特に、便が硬い方は必見です。腸内をスッキリさせてくれます。

このように、めかぶには便秘解消と深い関係があり、頑固な便秘もしっかり解消してくれるというわけです。便秘に悩まされたら、まずめかぶを食べてみてください。腸内環境を整えてくれるので、習慣づけることがポイントです。

めかぶの効果を高めてくれる食べ方

ネバネバしためかぶは、納豆との相性が抜群です。納豆も便秘解消に良いといわれており、腸内環境を整えてくれます。そんな納豆と一緒に食べることで、めかぶの効果もグンとアップします。ネバネバ同士ですから相性も良いですし、違和感なく食べることができます。他には、キムチもオススメ。キムチは発酵食品で乳酸菌が豊富に含まれています。めかぶや納豆との相性も良いですから、3つを混ぜて食べてもGOODですよ。

めかぶスープなら水分も摂れる

味つけめかぶ・しょう油・だし汁を用意し、鍋でコトコト煮込むだけです。最初にだし汁としょう油を鍋で温めてから、めかぶを入れてください。刻みネギを加えてもOKですよ。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る