便秘でマグミットが効かない理由とは

便秘でマグミットが効かない理由とは

頑固な便秘や、慢性的にスッキリできない人の中には、病院でスッキリできる薬を処方してもらっている人も少なくありません。病院で処方される便秘解消の薬といえばマグミットが代表的です。

病院で渡されるマグミットは市販されている便秘解消薬と比べると高い便秘解消効果があるはずなのに、どういうわけかマグミットの効き目が弱いと感じることもあれば、日常的に服用することによって効かないということも中にはあるようです。

マグミットも日常的に服用していると効かないことも

これは、腸がマグミットに慣れてしまい、酸化マグネシウムで排便できるほどの刺激を受けなくなってしまうことが理由です。効かない薬をずっと飲み続けていても便秘解消することはできませんから、もしも効かないなと感じて数日たつような場合には、病院に相談して別の薬を出してもらったほうが良いかもしれません。

しばらく飲まない期間を置いてから飲めば、腸が再び刺激を受けやすい状態になるのでそれまで効かない人でも作用が復活します。しかし飲まないことで慢性的にスッキリできない状態が悪化してしまうのでは意味がないので、自己判断は危険かもしれませんね。

病院で便秘と診断されると、処方される薬の中でも代表的なものはマグミット

マグミットは酸化マグネシウムを主成分とした薬で、腸の中に入ると便に水分を与えることで排泄しやすい腸内環境を作ってくれる働きがあります。

市販されている便秘薬と比べると副作用が少なく、お腹が痛くなったり吐き気を伴ったりする不快な症状が起こりにくいので、これまで市販の薬では副作用が強すぎてスッキリできなかった人でも、マグミットなら安心して使うことができるようです。

マグミットで便秘解消したいけど効果がないという方は、病院に相談してみるのはいかがでしょうか。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る