便秘解消するためには空腹になるべし?

便秘解消するためには空腹になるべし?

私たちが食事で食べた食べ物は、腸の中に送られます。腸が正常に機能していれば、食べたものは即効で消化されてスッキリできますが、頑固な便秘や慢性的にスッキリできない人は、食べたものがいつまでも体内に残ってしまうだけでなく、腸がパンパンに膨らんで蠕動運動機能が低下してしまうことも少なくありません。

まずは腸内環境を改善する工夫が必要

そこでおすすめなのが、空腹の時間を作るという方法です。空腹と言っても絶食したり断食するというわけではありません。休むことなく食べたり飲んだりしていたのでは、腸がゆっくり休まることができません。そのため、8時間ほど空腹の時間を設けて、腸をゆっくり休めると同時に、腸内で発生するガスを抑えることが、便秘解消の秘訣です。

8時間ほど空腹の時間を作ったら、その後は便秘解消のために冷たい水をコップ一杯グイッと飲んでみてください。

空腹に冷たい水が入ることによって、腸を適度に刺激することができますから、慢性的な便秘でも即効でスッキリ便秘解消できることも多いようです。その時に、コップの中にレモンを絞って入れると、レモンに含まれている食物繊維の働きによって、さらにスッキリしやすい腸内環境を作ることができます。

オリゴ糖を溶かして飲むのも便秘解消効果が期待できますし、コーヒーにオリゴ糖を溶かして飲んでみるのも良いでしょう。お腹を空っぽにした後には腸を刺激することで、自然にスッキリできることが多いようです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る