便秘対策をするなら、あの果物がおすすめ!

下剤ではなく、果物を食べることから始めてみましょう

便秘解消をしたい場合、まずは下剤に頼る方も多いかもしれません。

ただ下剤は副作用が心配なこともあるでしょう。そのような場合には、まずは食事の見直しから始めてみてはいかがでしょうか?食物繊維が豊富に含まれている食事をできるだけ意識して摂るのと共に、可能であれば、果物も一緒に摂取してみましょう。便秘解消にとりわけ高い効果を発揮しやすいのが、バナナなのですが、実はパイナップルも便秘でお悩みの方に最適なフルーツです。

パイナップルの効果と効果的な食べ方について

パイナップルの便秘解消効果とは

パイナップルには酵素が含まれています。

酵素というのはダイエットや美容に良いことで知られていますが、酵素が胃腸への負担を軽くして、さらに食物繊維もパイナップルには含まれているので、その酵素と食物繊維のパワーによって、便秘が解消されやすくなります。さらに水分が不足すると便秘になりやすいですが、パイナップルには水分が豊富に含まれているので、便秘になる心配はありません。食物繊維は二種類に分けることができ、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があるのですが、パイナップルには両方が含まれています。

酵素や食物繊維は缶詰などに加工してしまうと、どうしても量が減ってしまうので、できれば缶詰ではなく、生のパイナップルを食べるようにしましょう。最近のスーパーでは、生のパイナップルが季節を問わず、そこまで価格帯も高くなく購入することができるので、最近便秘気味だと感じているなら、パイナップルを食べてみることから始めてみましょう。

パイナップルの効果的な食べ方とは

果物は糖分が多くなっています。
もちろんパイナップルも栄養はあるのですが、食べ過ぎは良くありません。便秘解消のためにパイナップルを食べるのであれば、一口大のものを1日あたり5~6個程度で充分です。もしまるごと1個パイナップルを買ってしまって、余ってしまうようなら、今ならカットフルーツといって、一口大に既にカットがしてあるパイナップルが販売されているので、そこで一人分だけを購入する方が良いかもしれません。

少し割高となりますが、そちらの方が切る手間も無駄にする心配もないので、おすすめです。またパイナップルを食べる時間帯は、朝食前がおすすめです。果物は食後のデザートとして食べる方が多いかもしれませんが、朝食前に食べることによって、より栄養素を吸収しやすくなります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る