酵素と便秘の関係について

なぜ便秘に酵素が良いのか

便秘解消に酵素が良いといわれていますが、それはなぜでしょうか?

酵素は、私たちが生きていくうえで必要になる栄養素のひとつで、酵素には栄養を吸収し、老廃物を体外へ排出する効果があります。便秘は、お腹の中に溜まった『老廃物』。不要なものを外へ押し出す働きのある酵素は、便秘にもしっかり働きかけてくれるというわけです。

酵素と胃腸の関係について

酵素には、食べたものを分解し、栄養素を吸収しやすくする消化酵素と、吸収した栄養素を活発にする代謝酵素に大きく分類されます。

このうち、胃腸と関係しているのが『消化酵素』です。
どんなに栄養価の高い食べ物を摂取していても、消化酵素が不足しているとしっかり消化されません。それどころか、悪玉菌が増える原因にもなり、便秘を引き起こしてしまいます。もちろん代謝酵素と消化酵素、どちらの酵素も必要ではありますが、代謝酵素は消化酵素が減少したことで起こりますから、便秘を解消するならやはり消化酵素を活性化してあげることが大切といえます。

酵素を摂取するとどんな効果がある?

酵素は、主に生野菜や果物に多く含まれています。
また、味噌や納豆といった発酵食品にも含まれており、これらを積極的に摂ることで同時に酵素も摂取できるようになります。たとえば、肉類やお菓子などを食べ過ぎたとしましょう。糖分と脂肪分が多い食べ物を摂りすぎると、消化機能が低下してしまいます。

酵素を摂らないままでいると、当然どんどん消化機能は低下し、悪玉菌が増加します。よって、便秘や下痢といった症状を引き起こすことになります。

肉類やお菓子が一切ダメというわけではありません。ただ、これらを食べるならたっぷりの酵素を摂取しましょう。肉を食べるなら野菜もしっかり食べることで、スムーズに消化し便秘を改善することができます。

酵素を摂るときの注意点

しかし酵素は、『熱に弱い』という欠点があります。そのため、酵素を多く含む食品でも、ひとたび加熱するとせっかくの酵素が失われてしまいます。酵素は、生で摂るのが一番効果的です。とはいえ、『果物ならまだしも、野菜を生で食べるのは苦痛』という方もいると思います。そんな方は、野菜や果物をジュースにして飲むのがオススメです。

グリーンスムージーで酵素を

バナナ・アボカド・小松菜・水・レモン汁を用意し、撹拌して飲みます。バナナやアボカドは皮をむき、小松菜は2~3cmに切ってミキサーに入れると撹拌しやすくなります。小松菜をモロヘイヤやピーマンに変えてもOK。腹持ちも良く、たっぷりの酵素が摂れるのでオススメです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る