コロコロうんちを治すには○○がオススメ

コロコロうんちを治すオススメの方法

スッキリしないコロコロうんちは、しっかり解消して治してあげることが大切です。そのままにしておくと、慢性化し体にも良くありません。では、どうすればコロコロうんちを治すことができるのでしょうか。

水溶性食物繊維を意識しよう

コロコロうんちは硬くなったうんちのことですから、排便しやすいようにうんちを柔らかくしてあげることで解決できます。そのためには、水溶性食物繊維がオススメ。海藻類に多く含まれており、水に溶けるとゲル状になるのが特徴です。コロコロうんちの改善は早い段階で効果を実感できます。オススメの食材は、めかぶ・オクラ・山芋・納豆など。アボカドやゆりね、明日葉などもオススメの食材です。

ヨーグルトやオリゴ糖を摂ろう

腸内環境を整えることも大切です。ヨーグルトやオリゴ糖などは、善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。内臓も元気になってくれるので良いこと尽くしでしょう。

なぜコロコロうんちになってしまうのか

便秘にもいろんな種類があり、うんちは出るもののなんだかスッキリしない便秘、いきんでもなかなか出ない便秘、コロコロとしたうんちしか出ない便秘などさまざまです。今回は、『コロコロうんち』に着目してみましょう。

コロコロうんちは、硬くなってしまったうんちのことをいいます。まるでウサギの糞のように硬くコロコロしており、排便があるため『便秘ではないのでは?』と思われがちですが、れっきとした便秘になります。コロコロうんちなので残便感があるのが特徴でスッキリしません。原因はいくつかあります。

大腸の水分が不足している

皆さんは、1日にどれだけの水分を摂っていますか?『ほとんど水分を摂らない』という方は、このタイプのうんちになりやすかも。もしくは、すでにコロコロうんちで悩んでいるかもしれません。水分が不足すると、大腸に溜まった老廃物がどんどん硬くなってしまいます。通常、健康なうんちは水分が約70%含まれているといわれています。約60%になるとコロコロうんちになるといわれていますから、1日の水分量が少ない方は、このタイプの便秘になりやすいでしょう。

運動不足で蠕動運動が低下

うんちをスムーズに出すには、腸の蠕動運動が重要になります。蠕動運動が活発な方は、排便をスムーズに行うことができ、便秘になりにくいといわれています。腸の蠕動運動は、運動不足が関係しています。運動不足になることで筋力が低下し、蠕動運動も弱くなってしまうからです。コロコロうんちしか出ないという方は、蠕動運動が低下している証拠です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘の治し方の関連記事

ページ上部へ戻る