高齢者の便秘の解消法マッサージ

FQ131

高齢者は筋力の低下などにより便秘になりやすく、特に介護を受けている方の場合はますます便秘のリスクが高まります。

介護が必要な方の場合、日常生活での運動はほぼ難しく筋力が低下していくことが多いからです。筋力が低下するということは腸の筋力が低下するということにもつながりますのでそれはそのまま便秘へとつながります。

また、高齢者はあまり食べ物を摂取しないことが多いので便がそもそも作られず、かろうじて作られた小さな便は腸の中で溜まりやすいので便秘を引き起こすという場合もあります。

高齢者の便秘の解消法のひとつがマッサージ

高齢者の便秘解消にはマッサージが効果的高齢者に便秘解消のためのマッサージを行う時には大人にマッサージをする時よりも注意すべきことがあります。

まずはマッサージをする人の手とマッサージを受ける人のお腹をよく温めるということです。マッサージをする人の手を温めるのは高齢者に限らず大人に腹部マッサージをするときにも言えることですがマッサージを受ける人のお腹を温めるのは高齢者の便秘マッサージならではです。

高齢者はお腹が元々冷えていることが多いので温めたタオルなどを1-2分お腹に当ててからマッサージを開始しましょう。

便秘解消のためのマッサージの方法自体は高齢者でも若年者でも変わらない

日本で支持されているマッサージはおへその周りを時計回りにマッサージする方法で、手のひらを使って行います。この際、痛みが生じるのはよくありませんので高齢者に痛みはないか、強さに問題はないかを確認しながらマッサージを行うようにしてください。

高齢者は骨が弱っているのであばらにあまり力を入れすぎないように十分注意してください。

便秘解消のためのマッサージにはお腹を時計回りにマッサージする以外にも方法があります。

便秘解消のためのマッサージは一つだけじゃない日本よりもアメリカで支持されることが多いのがおへその横のマッサージです。

おへその横に2-3本の指を置いて円を描くようにしながらマッサージしていきます。このときも力は入れずにマッサージしてください。円を描くようなマッサージというだけではなくS字結腸に負担をかけないので腸捻転のリスクが少ないというメリットがあります。

高齢者の便秘はその多くが弛緩性便秘と考えられる

高齢者の便秘症状は限られてくるなのでマッサージをするときは腸を刺激できるようなマッサージを意識するとよいでしょう。

うつ伏せになってもらって腰全体をもみほぐすように、背中から腰にかけてをやさしくマッサージするのも腸の刺激には効果的です。マッサージの他には運動や食事改善なども取り入れながら自分の力でしっかり便を出せるように手伝ってあげましょう。

便を直接取り出す摘便という方法もありますが粘膜に傷がつくなどリスクがあるので摘便はあくまでも最後の手段と考えておいた方がよいです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消に効果的なマッサージの関連記事

ページ上部へ戻る