便秘による高熱!怖い病気が隠れていることも!

便秘によって高熱が出ることもある!

便秘は体に様々な影響を及ぼします。そんな便秘による症状の1つに発熱があるのをご存知でしたか?便秘によって腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増え、それに伴ってガスが発生します。これが発熱を引き起すのです。ですのでこれから便秘による発熱についてお話しします。

便秘で発熱が起こるのは子供に多い

子供の体は大人と違って未熟です。私も子育てをしているのでよくわかるのですがよく熱を出したり、お腹を傷めたりしやすいですね。ですので便秘によって体に毒素がたまってしまうと熱という形で出てきてしまうのです。特に赤ちゃんの時に離乳食に移行する時に便秘が起こりやすく、発熱も起こりやすいのです。
もし発熱してしまうほど便秘がひどいようなら浣腸などの薬を使って速やかに便を出してあげましょう。便をだしたら水分補給をしてゆっくりと休ませます。熱を下げるのに解熱剤を使う方法もありますが子供の場合熱が高いことよりも低くなりすぎる方が怖いのでなるべく熱さまシートのような冷たいものをおでこやわきの下などに付けて冷やしてあげましょう。
日常ではやはり食生活に気を付け、ヨーグルトや果物や野菜などを積極的に食べさせるようにしましょう。2歳以上ならハチミツをあげるのも良いですね。ナッツ類も便秘解消に役立ちますが消化が悪い食べ物でもありますのであまり小さい子供には不向きな食材です。もしナッツ類をあげるならよく噛むように指導しましょう。

大人でも発熱するの?

便秘によって発熱することは子供だけではなく、稀に大人にも見られる症状です。特に便秘で高熱が出る場合は腸炎や潰瘍性大腸炎などの可能性があります。潰瘍性大腸炎は難病に指定されている病気の1つで、高熱を伴う便秘や下痢、血便、腹痛などを伴うことが多いです。
このような病気ではなく、重度の便秘でしたらまずは浣腸をしましょう。そして水分を大量に飲み、安静にしましょう。
このようにならないうちに、便秘は治しておいた方が良いです。ですので日常の食生活(食物繊維を摂る、発酵食品を積極的に摂る)、適度な運動、十分な睡眠(ストレスを溜めない)、お腹を冷やさない、水をたくさん飲む、きまった時間にトイレに行くことを心がけましょう。あとこれは私の経験ですが便秘になりそうだったらとりあえず便意がなくてもトイレでいきんで硬くてもいいから出そうと試みることも大切だなと感じました。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る