献立を活用して便秘に効果がある食品を摂取しよう

HV107_350A

便秘解消のためには食事の献立に気を配るのが一番大事

便秘解消のためには食事の献立に気を配るのが一番大事背後に病気が隠れていないタイプの習慣性便秘の場合は食事や運動習慣の改善が大事です。食事や運動習慣を見直さないと便秘も治りません。それぐらい食事の献立は大事です。

さて、その食事ですが必要な栄養素はバランスよく摂取しながら、食物繊維を摂取する、整腸作用のある食べ物を摂取するのが重要です。便秘解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれる食品にはゴボウやたけのこがあり、整腸作用がある食品にはきのこやキャベツなどがあります。

これらの食品を上手に摂取するための献立をいくつか紹介します。

便秘のために効く献立のひとつめは豆腐の野菜あんかけです。

豆腐は畑のお肉とも言われておりタンパク質ではあるものの、肉とは違って吸収されるときにおならが臭くなりにくいのが特徴です。

また、お肉よりもカロリーが低いことからダイエット中の便秘に悩んでいる方にもお勧めです。野菜あんかけによっては野菜を豊富に摂取できるのもこの献立のポイントのひとつといえるでしょう。野菜を生で食べるのではなく加熱して食べることでカサを減らせるのです。

ただし、ビタミンの摂取にはあまり向いていないので野菜サラダなど生の状態でも野菜は献立に含めましょう。

豆腐の野菜あんかけを作るには1人分なら豆腐は150gくらいでよいです。

豆腐半丁が大体150gの目安となります。豆腐を焼くときには少量の片栗粉をつけて焼くとあんかけがからみやすく味わいが豊かになるのでお勧めです。
野菜は食物繊維のことを考えると人参やゴボウなどがお勧めです。

千切りにしておくと食べやすいです。また、整腸作用にすぐれているしいたけは20gほど入れましょう。あんかけの味は中華風でも和風でもOKです。

ほかにはこんにゃく炊き込みご飯という献立もお勧め

こんにゃくにも便秘解消に効果が期待できる食物繊維が含まれていますが、こんにゃくを含んだ献立は、水溶性食物繊維のため痙攣性便秘やストレス性便秘の方にもお勧めです。

ごぼうや筍など不溶性食物繊維を含む食品では腹痛を起こしてしまうという方は是非こんにゃくを献立に入れてください。炊き込みご飯は単品ではタンパク質を摂取しにくいというデメリットがありますが油揚げを多めに入れると解決できます。ご飯に対してこんにゃくは4-5分の1程度の量を意識して作ってみてください。

便秘解消のための献立の中心となるのは食物繊維を含む食べ物

献立の中心となるのは食物繊維を含む食べ物根菜は少し癖がある味わいで食べにくいと感じる方も多いですが、しょう油などで味付けると食べにくさが大分軽減されます。

不溶性食物繊維の他にタンパク質の適度な摂取、水溶性食物繊維の摂取、ビタミンの摂取なども気にかけながら日々の便秘解消のための献立を作り上げていきましょう。インターネット上でも便秘解消の献立を掲載しているサイトは多くあります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る