便秘で切れ痔になってしまった!解決法をご紹介します!

便秘で切れ痔になってしまった!

便秘で切れ痔になってしまう方、多いですよね。私も便秘で調子が悪かった時に切れ痔になってしまって便を出すとき苦労しました。一時はドーナツ型の座布団がないと座れないぐらい痛かったです。…このレベルになってしまうと便秘を治すどころではなくなってしまいますよね。そこで便秘で切れ痔になってしまった場合の対処法をお話しします。

切れ痔とはどんな状態?

切れ痔とはなんらかの原因で肛門が切れてしまう症状のことです。裂け痔とも言います。便秘の時の硬い便の通過または下痢の時の柔らかい便の通過により肛門が傷つき、出血や痛みが発生する症状です。出血はあまり多くはありませんが切れ痔の一番の問題は痛みです。肛門が切れることで強い痛みが発生し、その痛みが原因で排便を我慢してしまうことで悪循環になってしまいます。

切れ痔を治すにはどうすればいい?

治し方は坐薬や軟膏などの薬による治療です。切れ痔というのは擦り傷のようなものなので自然にしておけば治ります。ですが切れ痔がかなり重症化し、どうしても自力での治療が難しい場合は手術という方法もあります。こちらの方法は最終手段であり、最も効果的と言われる治し方です。日帰りで手術を行っている病院がありますのでそちらを受診して治療しましょう。切れ痔の手術はほとんどはすぐに終わります。

やはり便秘を治すのが一番!

切れ痔になってしまう根本的な原因はやはり便秘や下痢といった便の乱れです。ですので便の乱れを治すことが理想の方法でしょう。まずは食生活の見直しです。ヨーグルトやナッツ類、ドライフルーツなど便秘に効果が高い食べ物を積極的に摂りましょう。また多めに水を飲む、決まった時間にトイレに行く、適度に運動をして腹筋を鍛える、などの対策をします。
またお尻を清潔にしておくことも大切です。拭き残しがあるとそこから傷が悪化してしまいます。また拭き残しを無くそうとして強く拭きすぎるのも良くありません。できればウォシュレットやおしりふきシートなどで拭くと肛門を傷めずに拭くことが出来ます。

肛門を拭くときは優しく拭きましょう。また排便をする前におしりにワセリンや馬油といったクリームを塗ると少し楽になります。
切れ痔はひどくなると座っただけでも痛い、拭くだけでも痛い、ということになりかねません。重症化しないうちに早めに解決させましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る