機能性便秘になってしまう原因とは?

機能性便秘になる原因

機能性便秘を知っていますか?

便秘にはいろんな種類があり、それぞれ症状が異なります。機能性便秘は偏食や不規則な生活などが原因になるといわれていますが、近年では高脂肪食や食物繊維の摂取量の減少なども大きく関係しています。これは、日本人の食事が欧米化していることが影響しているのでしょう。

こういったさまざまな原因から、腸の機能を低下させ、『機能性便秘』を引き起こしてしまうといわれています。他にも、精神的ストレスや過労なども、機能性便秘の原因になります。そもそも、便秘は機能性便秘と器質性便秘の大きく2種類に分けられます。そのなかでも、いろいろな要因で起こるのが機能性便秘といえます。

機能性便秘の症状

機能性便秘の症状は、個人差があります。
そのため、なかにはまったく症状が出ない人もおり、自身が機能性便秘になっていることに気づいていない方もいるといわれています。症状がある方は、腹痛や腹部膨満感などがあり、食欲不振になる場合もあります。きちんと排便はあるものの、便の回数や量は人によって異なります。ですから、自分が機能性便秘になっていないか知るためには、排便時の状態を知っておくと安心です。

『いきんだけれど、残便感がある』『かなりいきんだにもかかわらず、残便感があり不快』。この2つに当てはまる人は、機能性便秘の可能性があります。機能性便秘は、『残便感』がポイントになります。

どんな治療法がある?

まずは食生活の見直しと運動から

では、機能性便秘を改善するには、どんな治療を受けたら良いのでしょうか。

症状が軽度であれば、食生活の見直しや適度な運動で解消できるといわれています。バランスの良い食事を心がけ、しっかり水分補給を。運動は、軽いウォーキングやジョギング程度でOKです。運動をする時間がないという方は、自宅でできるストレッチやヨガでもOK。階段昇降は、室内でも有酸素運動ができるのでオススメです。

そして、規則正しい生活を心がけましょう。
どんなにきちんとした食事を心がけていても、不規則な生活を送っていれは意味がありません。まずは規則正しい生活リズムを作るようにしましょう。そうすることで、自然とストレスも溜まりにくくなり、機能性便秘も防げるでしょう。

ひどい場合は薬物療法を

症状がひどい場合は、薬物療法にて治療を行います。病院で処方されるお薬は、塩類下剤・刺激性下剤・膨張性下剤・消化管運動機能改善剤などが代表的です。市販のお薬でもOKですが、できればきちんと医師の診断を受けましょう。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る