キムチで便秘を解消させよう!

便秘薬に頼る前に、キムチを食べよう!

キムチが好きな方は多いと思いますが、キムチは実は便秘解消にもとても効果的な食べ物です。

私もキムチがとても好きで、1週間に1回は必ず食べるのですが、そのような習慣ができてから確かに便秘になりにくくなった気がします。なぜキムチが便秘に良いのかというと、キムチは発酵食品なので、乳酸菌が豊富に含まれているからです。

さらに食物繊維まで含まれているので、そのダブルの効果で、便秘が解消されやすくなります。もし便秘で悩んでいるなら、便秘薬に頼る前に自然食品のパワーによって、それを少しでも解消させてみてはいかがでしょうか?

キムチの効果とは?1日の摂取目安量って?

キムチに含まれている乳酸菌と食物繊維って?

キムチ1kgに対して、乳酸菌がおよそ1億個も含まれています。
乳酸菌は私たちの裸眼では見ることができませんが、それだけの乳酸菌を摂取するというのは、腸内環境にとってとても良いことです。キムチを食べることによって、乳酸菌が腸内に届いて、善玉菌が増えていくので自然とお通じがスムーズになります。

そして食物繊維もキムチには豊富に含まれているのですが、白菜キムチの白菜には食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維は便のエサとなるので、便秘が解消されやすくなります。

キムチは食べ過ぎに注意!

キムチは辛くて、おいしくて、それで便秘解消効果もあるなら、沢山食べようという方も多いかもしれませんが、キムチは刺激物なので食べ過ぎると逆効果になってしまう可能性もあります。というのも、食べ過ぎると胃腸機能に障害が生じることがあり、その結果として便秘になることもあります。どのようなものでも食べ過ぎは良くありませんが、とりわけキムチの際には1日の摂取目安量である、50g程度を守って、上手においしく食べるのがおすすめです。

食べ過ぎると下痢になる可能性もあるので、注意しましょう。

まとめ

キムチに含まれている乳酸菌はしっかりと生きて、腸まで届いてくれるので、便秘解消にとても効果があります。同時に食物繊維も摂ることができるので、キムチは便秘を解消させるためにとても有効な食材です。

ただ一度に沢山食べるのではなく、1日の摂取目安量を守って、毎日少しずつ食べることが、便秘解消のためにはおすすめです。キムチは自宅でも作ることができるので、塩分や添加物などが気になるなら、自家製のものを食べるのが安心です。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘解消できる食べ物の関連記事

ページ上部へ戻る