便秘になると血圧が上昇してしまう理由

便秘と血圧の関係

便秘を引き起こしてしまうと、血圧は高くなってしまうことが多くあります。したがって、便秘気味の方は、血圧が高くなりがちです。また、便秘じゃない時は血圧が正常なのに、便秘になると血圧が上昇してしまうということもあります。便秘になると血圧が上昇してしまう理由として、3つのことが考えられます。

体外への排出が滞ってしまうから

1つ目に考えられる理由として、便秘になることによって、からだには不必要なものを体外に排出することができなくなってしまうからということがあります。どういうことかというと、便秘になることによって老廃物がからだの中にたまってしまい、血液の中の老廃物もからだの外に排出できなくなってしまいます。血液の老廃物とは、余分なコレステロールなどのことです。これらが正常に排出されずに血中の濃度が高くなってしまうと、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになると、血液を流そうとするために多くの圧力をかけることになるので、血圧が上昇する原因となってしまします。

排便をするときにりきむから

2つ目に考えられる理由として、便秘になるとそれを排せつするときに、どうしても体中に力が入ってしまうからということがあります。血圧は、からだに力が入ってしまうことによって高くなることがあります。便秘の人が排便をするとき、お腹だけでなくて頭など全身に力が入っているのを感じませんか。血圧は、瞬間的に力を入れるだけでも、急に上昇してしまいます。そのため、排便のたびにりきんで体中に力が入ってしまう排せつの仕方をしていると、血圧が上昇しやすくなってしまいます。

便秘がストレスになっているから

3つ目に考えられる理由として、便秘であること自体がストレスになってしまっているからということがあります。便秘になると、スムーズな排せつができなくなってしまうので、それがイライラに繋がってしまうことがあります。また、排せつのタイミングを常に意識しなければならないので、それがストレスになってしまうことがあります。からだにストレスがかかってしまうと、様々な器官に影響を与えることになるので、血圧が上昇する原因となってしまいます。便秘であるということのストレスは思った以上にからだに影響を与えてしまいます。

便秘を解消するということ

便秘を解消するということは、からだの負担を減らすためにも、精神的な負担を減らすためにも、非常に重要なことのひとつです。便秘は、一朝一夕では改善することができませんが、便秘に向けての対策をとることが大切なことです。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る