痙攣性便秘はひどい腹痛があるものの、同時に便意もやってくる

JL004_350A

痙攣性便秘は腸が痙攣している便秘

痙攣しているとはいっても実際に私たちが『今腸が痙攣しているぞ』と感じることはありません。
腸の痙攣は腹痛によってわかります。ですので痙攣性便秘の方は食事を消化するための時間である食後によく腹痛を起こすと言われています。

痙攣性便秘で腸が痙攣すると腸の一部が細くなる、便が通りにくくなることから腹痛も引き起こしやすくなるのです。

食後すぐの腹痛ということで何か悪いものでも食べたかと心配になる方もいますが、何度も食後の腹痛が起きる場合は痙攣性便秘や過敏性腸症候群の可能性が高いです。

痙攣性便秘はひどい腹痛があるものの、同時に便意もやってくる

ご飯を食べるとその後しばらくしてひどい腹痛になり、便意が来るにも関わらず便を出せないのが痙攣性便秘なのです。

なお、過敏性腸症候群は痙攣性便秘と共通した症状を持っていますが下痢型や便秘/下痢交替型の場合は必ずしも痙攣性便秘と同じ症状ばかりというわけではありません。
いずれにしても痙攣性便秘や過敏性腸症候群では食後の強い腹痛と便意が見られるのが特徴です。
また、便が出たとしてもコロコロとした固い便が出てくるのも痙攣性便秘の特徴なので、自分の便秘の症状を普段からチェックしておくことで早くに気付くことができます。

■関連ページ
食後すぐ便意を感じる方必見!それ、過敏性腸症候群という病気の可能性があります
食後すぐに便意を感じるのは特に心配ない自然の症状です。ですが、同時に過敏性腸症候群の可能性もあります。

痙攣性便秘で腹痛がひどいからと言って便を無理に出す薬を飲むのはお勧めしません。

そもそも痙攣性便秘の場合は腸が普通の形なのに便が固くて詰まっているわけではないのです。
腸が痙攣によって細くなっているので便を無理に出す刺激タイプの薬を飲むと刺激によって腸がますます細くなったり無理に動いたりしてますます腹痛がひどくなります。
痙攣性便秘で刺激タイプの薬を飲んで腹痛と吐き気に見舞われたという方もいますので刺激タイプの薬はNGということをよく覚えておきましょう。

関連ページ→便意があるのに便秘に!大腸がんの可能性もあるので対処は慎重に!

痙攣性便秘による腹痛の改善のために出来ることのひとつはストレス解消

痙攣性便秘、そしてよく似た症状を持っている過敏性腸症候群という2つの便秘はストレスとのかかわりが強いタイプの便秘と言われています。
ストレスを受けやすい環境にいたりストレスに弱い体質、性質の場合に痙攣性便秘や過敏性腸症候群を引き起こしやすいので十分注意してください。
まずは自分にとってどんなことがストレスになっているのかを調べてみましょう。
そしてそのストレスが回避可能なものであれば回避し、回避不可能なものであればなるべく自分にストレスがかからない形での対処法を探していくのが望ましいです。
ストレス解消がうまくいかず、精神的にも追いつめられていると感じた時には心療内科を訪れてみるのも良いかもしれません。
痙攣性便秘で過剰に働いている交感神経の働きを抑えて副交感神経を優位にする薬剤などもあるので薬で対処しながら治すという方法もあります。

便秘解消が即効できる商品ランキング

便秘が原因で起こる症状の関連記事

ページ上部へ戻る